婚活バスツアーの口コミと体験談 その真相を徹底検証!

婚活バスツアーの口コミや、自身の3回の実体験により得た知識から参加するメリットデメリットをズバリと記します。

婚活バスツアーのメリットとは!?

婚活バスツアーのメリットは大きくわけて4つです。

  • 本気度が高い
  • 多くの方と接する時間が長い
  • カップリング率が比較的高い
  • 旅行気分も同時に味わえる
順を追って理由を説明いたします。

本気度が高い

  • 男女ともに参加費がある程度かかる
  • 参加までの予約や準備が必要
  • イベント時間も長く設定されいる
ポイント 上記のように、会社帰りにふらりと立ち寄るという軽い気持ちの参加者はいませんので、参加者の本気度は婚活パーティーなどと比較すると断然高いというのが大きなポイントです。

多くの方と接する時間が長い

運営会社の企画内容にもよって相違しますが、基本的にはバス車内でのローテンションされる相手との会話や、観光地での観光や食事の時間などフリータイム的な時間は約8時間~9時間程度あります。 (長時間の企画だと12時間ものとかもあります)

これだけの時間がありますと、基本的には参加者全員とじっくりお話しすることが可能であり、参加者同士の理解力も高まるので、有益な婚活となるといえるでしょう。

ポイント ちなみにPARTYなどは約2時間程度の開催が多いので、単純な時間比較だけでも接する機会は多くなるといえます。

カップリング率が比較的高い

時間が長いだけあり、さまざまなロケーションからくるタイミングにて多くのチャンスが訪れます。 参加者全員とゆっくり話すまではいかなくとも、意中の方とゆっくり話せる可能性が高いので、口コミでもカップル率が比較的高いのが婚活バスツアーの特徴です。

またツアーの人数も企画で変更されており、多いケースで20対20くらい。少ないケースですと8対8くらい。 少なければ少ないほど、全員と長く接する時間が多くなりますし、多ければ多いほど接する時間は短くとも多数の方とお会いできますので、どちらがよいとは言えません。

また長く多くのかたと接したことにより、カップリングされなかったかたも解散と同時にカップリングされなかった者同士でお茶をするケースも多々あります。

参加目的が男女ともに同じですので、そのような出会い方を含めると運営会社が公表しているカップリング率よりも多くのカップルが誕生しているのかも知れません。

ポイント カップリング率がイコールお付き合いに発展ではありませんのでご注意を。旅先では運命を感じるも現実に戻り冷静になると冷めるはあるあるです。ただし出会いを求めているいじょうカップリング率が高いに越したことはないでしょう。

旅行気分も同時に味わえる

婚活バスツアーの行先は基本的に有名な観光地であることが多いので、ある程度の金額を払って参加はしたものの、まったく次につながる出会いが得れなかったというかたであっても、ちょっとしたプチイベント旅行気分が味わえます。

普段のお仕事のお疲れの癒しにもなるのではないでしょうか。

たとえばバス会社と旅行会社がコラボ企画しているTKKトラベルなどは私も参加しましたが、金額に見合ったハイクオリティな内容のサービスでした。2~3か所の名所に向かい、観光を楽しみながらご当地のグルメなどを堪能したりするわけです。

↓私も一度参加したTKKトラベルの婚活バスツアー


ポイント このような充実した内容の中で婚活が行われるので、おもいがけないあらゆるときめきタイミングや、話している時にはないお相手の一面が見れたりするのが、カップリング率の高さにつながっていると思います。

メリットを感じたかたがたの一部口コミ

20代後半女性
1日の婚活バスツアー、一泊二日の婚活バスツアー、短時間の婚活バスツアーの合計3回参加しました。エクシ○は経験ないですが。ちなみに20後半女です。一言でいうなら、とても楽しいです。私が参加したのは全て、女性が窓側で男性が移動する形式でしたが、景色も楽しみながら、おしゃべりしながら観光もできて、お金も安いってサイコーですね。続きがご覧になられたいかたは下記の引用元をどうぞ

引用元

30代~40代男性
私は同じ女性二人との組になり2回目は、お互い笑ってました。お賽銭箱に入れお願いに行く箇所 境内7ヶ所。ほんと賑やかで楽しかったです。終盤に恒例のマッチングカードに3人まで記入ということで結果、その境内を廻った方とカップリングになりました。続きがご覧になられたいかたは下記の引用元をどうぞ

引用元

女性
先日初めて婚活バスツアーに参加しました。思っていたより楽しかったのですが、かなりアピールしてくる男の人がいて勢いでカップルになって終了しました。続きがご覧になられたいかたは下記の引用元をどうぞ

引用元

婚活バスツアーのデメリットとは!?

婚活バスツアーのデメリットは大きくわけて4つです。

  • 料金が高価
  • 予約が取りづらい
  • 長時間拘束されてしまう
  • バスの中が運に左右される
順を追って理由を説明いたします。

料金が高価

男性:約10,000円~15,000円
女性:約  7,000円~12,000円

ポイント 多くは日帰りではありますが、貸し切りバスや観光場所・イベントコースなど運営費の中身を考えると致し方ないと割り切りが必要です。

予約が取りづらい

バスツアーのイベント自体は各社数多くありますが、人気があるイベントですと1ヶ月くらい先までは満席状態のケースもあります。

お見合いパーティーや婚活パーティーのように、明日や明後日や今週末といった具合に簡単に参加できませんので余裕をもって企画を閲覧し、予定を立てねばなりません。

ポイント 気軽にふらりと参加できるというイメージではありません。

長時間拘束されてしまう

お目当てのお相手が多く見つかり、たくさんアプローチをしてみたいというケースについては楽しいでしょうが、逆にお目当てがまったくみつからない又はお目当ての方にことごとく前半でうまくいかなかったというケースは長時間が憂鬱となってしまう方もおられるでしょう。

ポイント もうおわかりでしょうが、婚活バスツアーのような長時間のイベントはその時間の長さというものが、メリットとデメリットが表裏一体です。ご自身がつまらないからといって輪を乱すような個人行動はご法度。

バスの中が運に左右される

運営会社の方法によって2パターン存在します。

パターン1

出発から男女が番号毎にペアとなってシートに座り、サービスエリアに到着毎にペアが入れ替わります。

次のサービスエリア毎に必ず停車し、こまめに隣のシートのかたのペアチェンジはおこなわれますが、サービスエリアの距離によっては時間の長さが変わるので、お気に入りの方の隣でお話しできる時間は運に左右されてしまいます。

パターン2

集合と同時にまずは会場にて、回転ずし形式の1対1会話が行われ全員と会話(時間は一人2~3分づつ)が行われた後にバスにて出発。

目的地までのシートの隣の相手は運任せ。 こちらのパターンのバス内では、こまめなペアチェンジは少なめでした。

ポイント 観光名所を巡りさまざまな出会いのイベントがおこなわれるバスツアーではありますが、バスで移動中の隣に座られた異性のかたとは自然と親近感がわくものです。その隣の方がご自身のタイプであるかはまさに運となるでしょう。

デメリットを感じたかたがたの一部口コミ

男性
バスの移動時間が会話の時間になると思いがちですが、安全運行上の理由からか走行中の座席移動はできません。一人が座席を前後する位なら問題ないと思いますが、全員が走行中に車内移動できるものではありません。それを行う業者であれば安全面の配慮を怠っていると言わざるを得ません。そのためタイプでない方の隣に座ったら次に座席移動(トイレ休憩の時など)するまではその方の隣に座り続けなければなりません。続きがご覧になられたいかたは下記の引用元をどうぞ

引用元

男性
デメリットとして、自分の求める年齢層の女性がいない場合、つまらない1日を過ごす事になります。そして、たぶんお見合いパーティーよりもカップルになるのは難しいです。続きがご覧になられたいかたは下記の引用元をどうぞ

引用元

女性
できれば事前の調査が必要ですね。安手のパーティとかだとなかなか難しいですよ。というのは、そのバスツアーの男性構成がどうかは良くわからないですが、婚活パーティは大抵はつまらない結果に終わることが多いですよ。そんなものです。理由としては、一般的には男性の質が低いです。続きがご覧になられたいかたは下記の引用元をどうぞ

引用元

婚活バスツアーの一人参加は大丈夫?

婚活バスツアーに一人で参加することが不安であるという気持ちはわかります。 私も初参加の際は大変不安でした。

しかし参加してみればわかるのですが、ほとんどの方が一人参加です。 人見知りな方や、ご自身からなかなか異性に接することが苦手なかたも大丈夫です。

サポータースタッフの方が常に手引きしてくれ、よい意味で一人にさせてくれません(笑)。 逆に友人と参加する場合、フリータイムの時などついつい友人と一緒に過ごしてしまうというパターンになってしまい、損をされることが2点あります。

  • 友人に気を遣い、意中の方への接近に対し行動がにぶってしまい機会損失になりかねない。
  • 友人と一緒にグループ行動されていると、周りの一人参加の方から声をかけにくいので、これまた機会損失。
ポイント 絶対に一人参加のほうが良いと思います。

バスツアー運営ブランド一覧

常時バスツアーが行われている大手ブランド
・machiconJAPAN
・ゼクシィ縁結びイベント
・PARTY☆PARTY

machiconJAPAN

運営企業:株式会社リンクバル(東証マザーズ上場企業)

名称どうり、街コンを中心に恋活・婚活パーティー・趣味コン・アウトドア婚活イベント・婚活バスツアーなどを全国展開している。

バスツアーの探し方 スマホだと少しわかりずらいので写真で解説します。2アクションでOKです。

TOPページ中辺りの「すべての特集を見る」をタップ

開いたページ中辺りの空欄検索に「バスツアー」と打ちタップすればOK!

今後の日程がズラリと出てきます。

 

machiconJAPAN 公式サイト

ゼクシィ縁結びイベント

運営企業:株式会社リクルートホールディングス(東証一部上場企業)の子会社である株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

もはや説明不要のゼクシィブランドであり全国展開している「縁結び(結婚相談所婚活サイト恋活サイト婚活パーティー、イベント」の婚活パーティー・趣味コン・アウトドア婚活イベント・婚活バスツアー バージョン。

バスツアーの探し方 1アクションでOKです。

TOPページのかなり下辺りにバスツアーカテゴリが用意されています。

ゼクシィ縁結びイベント 公式サイト

PARTY☆PARTY

運営企業:株式会社IBJ(東証一部上場企業)

こちらも婚活業界では最大級であり、全国展開しているIBJブランド「結婚相談所婚活サイト・恋活サイト・婚活パーティー、イベント」の婚活パーティー・趣味コン・アウトドア婚活イベント・婚活バスツアー バージョン。

バスツアーの探し方 スマホだと少しわかりずらいので写真で解説します。2アクションでOKです。

TOPページ右上の「さがす」をタップ


開いたページの空欄検索に「バスツアー」と打ちタップすればOK!

今後の日程がズラリと出てきます。

 

PARTY☆PARTY 公式サイト

大手ブランドバスツアーのプチ情報 上記サイトをご覧のとうり、大手企業主催のイベント系は種類が豊富すぎて、バスツアーの項目を見つけるだけで多少困惑されるでしょう。そういった面では逆に穴場である可能性も秘めているのではないでしょうか。

常時バスツアーが行われている中堅企業
・TKKトラベル
・ハピネスツアー
・vip tour

TKKトラベル

運営企業:東関交通株式会社

バス会社だからこそ実現できる楽しくリーズナブルな婚活バスツアーをご提供!という謳い文句どうり、バス会社が企画・運営するバスツアー。

TKKトラベル 公式サイト

ハピネスツアー

運営企業:株式会社スターツーリスト

旅行ツアー企業が旅のプロと婚活のプロが共同でプロデュースという謳い文句で運営されている。

ハピネスツアー 公式サイト

vip tour

運営企業:株式会社平成エンタープライズ

日帰りバスツアーをメインとし、グルメや人気観光スポットへのプチ旅行感をてがける。その中の一部である婚活・お見合いが一緒に体験でる婚活ツアー。

vip tour 公式サイト

結局のところ婚活方法としてアリ?

アリです。

たとえば毎日の暮らしにおいて出会いがないというかたであれば、バスツアーまさに非日常的な世界であり参加者の全員がそう感じるのではないでしょうか。婚活方法にもさまざまな種類が氾濫しておりますが、参加決意→予算→日程調整→予約→1日まるごと埋まる、ここまで準備が必要なものは少ないですし、面倒くさいとも言えるでしょう。

裏を返せばここまで面倒なものに参加する男女メンバーが、出会いに対して真剣でないはずがないわけです。名所で新鮮な体験をおこないながら、真剣な者同士が「出会い」という同一の目的で行動を共にする。

なかなか貴重な体験であり、1度だけでも参加する価値は十分あるといえるのではないでしょうか。

補足 ただし年齢層は20代前半のかたなど見当たりません、高めであると思われてください。それもそのはずであり、昨今の婚活方法の種類はネットを使ったお気軽系が多く氾濫しておりますので若年層はほぼマッチングアプリなど手軽に出会いを求めます。ここ最近では真剣な婚活でさえマッチングアプリ(マッチングアプリおすすめランキング)でおこなえる時代です。

とはいえマッチングアプリは手軽さゆえに、プロフィールの虚偽や実際に会ってみたら写真と全然違う、文字のやりとりとは性格が違うなどリスクもあります。そう考えると最初から直接会ってスタートするほうが本来の自然な流れであることだけはたしかでしょう。

婚活バスツアーのかんたんな流れ!

三社のお見合いバスツアーを体験したうえで、ほぼ内容は似通っていましたので、かんたんな流れをご紹介いたします。

下記のとうり長丁場でありますので、婚活イベントの1つと言ってもよいでしょう。

  • 参加するツアー出発点に15分くらい前に集合
  • 参加者全員の点呼と同時に身分証チェック
  • バスの決められた席に着席(基本的に女性が窓側)と同時にバス発車
  • バスの中ですぐにプロフィールシートを作成
  • 最初の席にて隣の方とプロフィールシートを見ながらのトークタイム
  • サービスエリア毎に席替え(バスの移動中に席替えはありません)
  • 目的地に到着までに全員と1VS1でトーク(人数の多い場合は途中までのケースあり)
  • 目的地到着後、ツアーマネージャーの誘導のもとフリータイム
  • フリータイムではアプリを使って「いいね」を送ってアプローチ可
  • 目的地で楽しんだ後は帰りのバスでゲームを行ないながら、同時にアプローチカード記入
  • 帰りのバスもサービスエリアに必ず寄るのでアプリやアプローチカードを参考にスモールフリータイム
  • 到着の15分くらい前から番号のみによるカップリング発表
  • バスを降りてからは解散と同時に自由行動
運営会社によって流れは多少相違します。3社体験しましたが、その中の1社は、お見合いパーティーのような1対1で2分くらい男性側が入れ替わり全員とお話しし終わったあとからバスに乗車というものでした。

また午前中だけで第一印象でよいかたを何名か番号で書いて提出し、フリータイム時にスタッフが教えてくれアプローチを促してくれるというものも。

体験したうえでのアドバイスかつ注意点

バス内は密閉空間でもあり、シートにペアで座ると男女が横隣に接近します。

  • 口臭の予防は常に意識しましょう
  • 体臭の予防は常に意識しましょう
  • 女性はミニスカートでの参加はやめておきましょう
  • とくに男性は清潔感のある服装や髪形で参加しましょう
  • 周りの空気をよんで大声や高笑いなどやめましょう
  • バス内は軽いスキンシップもやめておきましょう
  • なれなれしいボディタッチなどもってのほかです

まとめ

婚活バスツアーは、参加者の本気度も高く内容も充実しておりカップリング率も高く、婚活の場としては非常に適した企画であると思います。

ただし、最低限のマナーだけはとくに男性の方は注意しましょう。マナーを守り、有意義な時間を過ごしながら意中の方と出会えることを祈っております。

関連記事

  1. パソコンやスマホやタブレット

    【優良な婚活サービスの見極め方!】ムダなお金と時間を省ける4大条件とは?

  2. IBJの担当者様

    婚活業界最大手のIBJの評判を確かめに本社へ突撃取材!

  3. パーティーパーティーアプリの画面

    パーティーパーティーのアプリが婚活パーティー参加者を救う!?

  4. アニメ好き宣言

    【オタク婚活】アエルラの漫画好きパーティーのレポ

  5. アニメ好きオタク

    【オタク婚活の感想レポからの実態】今はオタクが出会いに有利な時代?

  6. シャンパンで乾杯

    【婚活バーの評判や口コミ】一人で行って大丈夫?