Original

婚活女性の男ウケする写真9つのポイントとライバルに差をつける秘策3選!

婚活女性においてのプロフィール写真はただ載せているだけではOKではありません。


なぜかと言いますと、見る男性の感じ方により、その1枚の写真であなたの婚活の活動内容自体が天と地ほど変わるからです。


今回の記事では、コンレク副管理人の佳紀が完全男性目線にて、婚活サイトやマッチングアプリ、結婚相談所とあなたが活動される婚活の種類ごとにライバルに差をつける写真掲載のポイントを解説いたします。


【あなたの利用目的別に探せる】マッチングアプリおすすめランキング!


目次[非表示]

  1. 1.婚活女性においての写真の重要性を把握されてますか!?
    1. 1.1.見た目の大事さは男女問わず人間の歴史をさかのぼった心理学からも語られる!
  2. 2.まずは、マッチングアプリや婚活サイトで男ウケする婚活写真を自撮りで撮る際に知っておくべき9つの基本ポイントとは!?
    1. 2.1.1.自撮り写真において加工はNGであるが自然に盛りましょう!
    2. 2.2.2.自撮り写真において絶対不可欠!大切な光(ひかり)の有効利用とは!?
    3. 2.3.3.婚活目的の自撮りする際のポーズや表情でまったく男性からのウケが変化!?
    4. 2.4.4.婚活で男ウケする自撮り写真の髪型とは!?
    5. 2.5.5.婚活目的で自撮りする際の男ウケするメイクとは!?
    6. 2.6.6.婚活目的の自撮りする際の背景に注意!
    7. 2.7.7.男性に洋服の色で与える印象の把握!
    8. 2.8.8.婚活目的の自撮りする際の加工は許される!?
    9. 2.9.9.男性からスルーされるNG写真とは!?
  3. 3.婚活女性の男ウケする写真にてライバルに差をつける秘策3選!
    1. 3.1.1.婚活目的であろうがお酒を持っている写真
    2. 3.2.2.自身のアピールポイントを盛り込んだ写真
    3. 3.3.3.動物と一緒に映った写真はどうなのか!?
    4. 3.4.現役婚活カウンセラー1口メモ
  4. 4.結婚相談所を利用する場合の男ウケする婚活写真のポイントとは!?
    1. 4.1.結婚相談所での写真も同じように自身のアピールポイントを盛り込んだ写真をサブ写真として掲載しましょう!
    2. 4.2.結婚相談所におけるその他の写真に対しての注意点は!?
      1. 4.2.1.自分の魅力を武器に変えましょう!
      2. 4.2.2.婚活で会える率が180度変わった女性の例
    3. 4.3.そもそも写真掲載をしたくないのですが!?
  5. 5.まとめ

婚活女性においての写真の重要性を把握されてますか!?


副管理人の佳紀です。男性目線かつ男性心理を正直に話しますのでご参考に!


今や婚活サイトやマッチングアプリなどは100%写真掲載が必要です。そこに掲載する写真によりあなたの活動自体が天と地ほどの差を生むことだけは忘れないでください。


理由は明確で、女性のプロフィールを見る際に9割以上の男性は写真しか見ておりません。


その写真が自身のラインを越えてなければプロフィールもまったく読まず、次にいきます。


自身のラインを越えていると判断したらはじめてプロフィールに目を通し、気になれば「いいね」をおこなうといった感じで間違いありません。


見た目の大事さは男女問わず人間の歴史をさかのぼった心理学からも語られる!

ネットで会員を物色する男性

婚活写真などはまさにメラビアンの法則をあてはめると理解しやすいでしょう。


メラビアンの法則を要約すると人物の第一印象は、はじめて会った時の3〜5秒で決まるということで、それを決める内容が3点。

  • 視覚情報が55%
  • 聴覚情報が38%
  • 言語情報が  7%


ということです。 婚活サイトやマッチングアプリ、結婚相談所などで会員が相手のプロフィールの中で真っ先に目を向ける場所は、顔写真であることは間違いありません。 


そこには聴覚情報もありませんし、プロフィールである言語情報に関しては7%に過ぎないのです。 裏を返せば、その掲載する写真が好印象であれば確率は青天井であると言えます。


ですので決して大げさではなく、あなたの魅力を極限に活かした最高の1枚を掲載することが活動内容にダイレクトに影響するということなのです。 


とはいえおもいっきり盛った写真という意味ではありませんので誤解のないように注意されてください。


まずは、マッチングアプリや婚活サイトで男ウケする婚活写真を自撮りで撮る際に知っておくべき9つの基本ポイントとは!?



できれば自撮りではなく、人に撮ってもらった写真のほうがよいですが、サービスの性質上頼みづらいのもありますよね。


まずはあなたが利用されるサービスが、婚活サイトやマッチングアプリであれば自撮りであっても構わないです。結婚相談所の場合の自撮りはNGであると思われてください。


またスマホを片手に持っての自撮りはNG。必ずタイマー機能を使うようにすべきです。


1.自撮り写真において加工はNGであるが自然に盛りましょう!

スマホの自撮り写真を見て悩む女性

  • 多くの相手に会ってみたいと好印象をもたれるだろうか?

  • 盛りすぎて実際に会ってガッカリされないか?


どちらのお悩みもセットで思い浮かばれるでしょう。男性に会ってみたいと思われねばなにも始まらないし、それを意識し過ぎて盛りすぎると会う際に不安に。


盛るといいましても、次の2点

  • そもそも加工する

  • 加工はせず光や背景、髪型、メイク、表情で盛った自分自身を創りあげる


対策としましては、まずは盛りましょう!ここでいう盛りましょうというのは上記2点の後者のほうです(多少ですよ。盛りすぎ注意!)。


そして肝心なポイントは何枚も撮影し第三者の複数の男性に問い、意見を取り入れることです。 ここでの注意点は3点


  1. 自分のお気に入り写真を優先しない(ハズレの場合多い)
  2. 複数の男性の意見を素直に聞く
  3. 女性の意見はまったく意味なし(男女ではまったく感受性が相違します)


2.自撮り写真において絶対不可欠!大切な光(ひかり)の有効利用とは!?


カメラのフラッシュはもちろんですが、女優さんのドラマ撮影やグラビアアイドルなどの撮影でも必ず光(ひかり)重要視されます。


光があることでお肌が白くなり、小ジワも飛んで若く見えるのでよい効果が得れるでしょう。スマホは表面にフラッシュライトがついていないことが多いですが、自撮りライトというスマホに装着できるものも今は売っているみたいですね。


光を上手に集めるには正面ではなく斜めに構えて撮影してください。そうすると立体感が出ます。お天気のいい日に外で撮影※1するのもよいでしょう。

光をうまく駆使した女性写真

今やカメラ360などを代表に撮影時に便利である優秀なアプリがありますので、駆使されてみてはいかがでしょうか?

当たり前ですが、光で「鈴木その子」のように真っ白に何もかも飛ばしまくってはいけませんよ。


※1 注意点としまして、外で撮影される場合は背景に気を付けてください。場所が特定されるような背景など、掲載される場所はネット上であることをくれぐれもお忘れなく。


3.婚活目的の自撮りする際のポーズや表情でまったく男性からのウケが変化!?

目的が婚活ですので、ポーズはおかしいですよね。しかし間違ったポーズをされているかたもチラホラお見受けします。


ポーズはピースなど手で何かをする必要はなく、それでむしろ顔を隠してしまうようなポーズはNGです。 表情はとにもかくにも笑顔が必須であり、すました顔は絶対にやめましょう

すました顔の女性写真

美人さんであればあるほど、すました顔は相手が高嶺の花であると感じ近づきがたくなります。逆に美人さんでもないのにすました顔は・・・説明する必要ないですよね。


「男は度胸、女は愛嬌」これは昔も今もいつの時代でも変わりません。愛嬌のある屈託のない笑顔に男性は弱いのです。


今まで周りにもいませんでしたか?可愛い顔をしているわけでもないのに常に愛嬌のある笑顔が絶えず、男性にモテる女性が。

屈託のない笑顔な女性

だからと言って、あなたがいつも普段友達と会ってるときの無防備な笑顔やバカ笑いしてるときのような写真はNGです。


微笑む程度に、少し歯が見えるくらいがよいでしょう。歯並びや虫歯、歯の色などに自信がない人は口を閉じて微笑むようにされてください。


4.婚活で男ウケする自撮り写真の髪型とは!?


男性は、いかにも美容院できっちりとセットしましたという感じより、ナチュラルさを評価します。


これは写真にかぎった話ではありませんが、あなたの顔の形に合った髪型を自然にが一番よいでしょう。

たとえば面長の人がトップにボリュームを入れてしまうともっと顔が長く見えてしまいますし、逆に丸顔の人はそれをするとよく見えます。

髪型は大げさにヘアセットをすることは気張っている感じがしますので、長さがどのくらいであろうと普通に髪をおろしているのが自然でよいのではないでしょうか。


サラツヤな髪質が写真で分かれば清潔感がある好印象を与えることもできるでしょう。

とはいっても自分に合った髪型がよくわからないかたは、行きつけの美容師さんにきっちりと自分に合った髪型を本音で答えてもらい把握されることが手っ取り早いし、確実です


5.婚活目的で自撮りする際の男ウケするメイクとは!?

メイクにいそしむ女性

メイクは写真だと光で結構飛んでしまい薄くなるので、普段より濃いめにしてもらっても大丈夫です。


メイクによってはご自身のお顔の欠点を隠すことができ、顔の形によってもチークやハイライトの位置を上手に活用すれば顔のメリハリも出るでしょう。


婚活で利用する写真は活動の上で大変重要ですので、対策として今はお手軽に安価でメイクだけしてくれるサロンなどもあるので、プロにメイクしてもらうのもよいかもしれませんね。


6.婚活目的の自撮りする際の背景に注意!


背景にも気を遣いましょう。 とくにおうちで自撮りする際の背景はその人の生活スタイルが分かったりする場合があるので実は重要です。


たとえば背景が散らかってる部屋などは絶対にNG。逆に清潔感のみてとれる背景などは見えないあなたの暮らしまで増してみてもらえるでしょう。


背景も見られることを頭に入れて、整理整頓してから撮影しましょう。あえて背景をぼかすのもポイントが高いといえます。


屋外で自撮りする場合は、場所が指定できないような明るい公園などで撮影するのがよいでしょう。またいかにも三面鏡や洗面台の前で撮ったとわかるような背景は絶対にNGです。


7.男性に洋服の色で与える印象の把握!

洋服の色で相手の男性に与える印象も変わってきますので以下をご参考にされてください。

洋服の色で与える印象

白(ホワイト)
視覚的プラス効果:爽やかさ・清潔感


視覚的マイナス効果:膨張して見える可能性もあるので、アイボリーやクリーム系にするほうがよい場合もあります。白を着ている人は自分に自信がある人が多いと考える男性もいるようです。
ピンク
視覚的プラス効果:女らしい・柔らかい


視覚的マイナス効果:特にありません。30代半ばからは明るめのピンクのほうが尚よいでしょう。
黄色・オレンジ
視覚的プラス効果:元気・明るい


視覚的マイナス効果:男性ウケはあんまりよくないようです。ビビットカラーよりパステルカラーを選べばよいでしょう。
黒(ブラック)
視覚的プラス効果:色気がある・大人っぽい


視覚的マイナス効果:お葬式で使う色でもあるので暗いイメージがする可能性大です。婚活写真ではできれば避けたほうが無難でしょう。
柄物
視覚的プラス効果:目に留まりやすい


視覚的マイナス効果:あまりにも派手な柄物にしてしまうと老けてみられます。


柄も好みがありますので、できれば柄物にするよりもシンプルな服装にワンポイントでアクセサリーを付けた方がよいかもしれません。

また自分の印象にはこれが欠けてると思われる部分を服の色で補うのもひとつの対策でしょう。地肌の色味によって服装の色の感じ方は変わってきますので、周りの意見も参考にしましょう。


8.婚活目的の自撮りする際の加工は許される!?

パソコンで写真を修整する女性

加工は許される?!結論からいうとダメです。


今よく使われてるSNOWというアプリがあります。あれはたとえば自分の顔にウサギの鼻と耳をつけて、目が大きくなり可愛く見えますよね?

あれが可愛いと思ってるのは残念ながら女性だけなんです。 そしてそのアプリで撮影してる人はみんな同じ顔になっていたりしませんか?

SNOWで自撮りしてる人は自分大好き人間だ!という話もよく聞きます。 大胆に盛る行為は男性ウケがよくありません。男性もおバカさんではないので画像の加工くらいわかったりします。

あなたの第一印象が引き上げられるのならば、多少の盛りはおこなった方がよいと思いますが、目的は会う事ですので、その際に盛りを後悔しない程度にされてください。


9.男性からスルーされるNG写真とは!?

  • 顔がよくわからない遠い位置から映した写真

遠くに映った女性

  • 顔の一部を手などで覆った写真

顔の半分を隠した女性の写真

  • 子供などと映った写真(誤解を生じます)
  • 男女が含まれた写真(誤解を生じます)

【あなたの利用目的別に探せる】マッチングアプリおすすめランキング!


婚活女性の男ウケする写真にてライバルに差をつける秘策3選!

  1. お酒を持っている写真
  2. 自身のアピールポイントを盛り込んだ写真
  3. 動物と一緒に映った写真


1.婚活目的であろうがお酒を持っている写真

もしかしたら意外だと思われたかたも多いのではないでしょうか!?

男性はこの意見が非常に多いです。理由は、女性がお酒をもっている写真を見ると、食事などにふと誘いたい気分になり効果大ですよ。

ただし背景が、バーのボトルがたくさん置いてあったり、飲み過ぎで赤ら顔の場合は遊び人っぽく見えるので逆効果かもしれません。

下の写真なんてベストです。

グラスを傾ける写真


2.自身のアピールポイントを盛り込んだ写真

マッチングアプリや婚活サイトなどにおいて、メインの写真は顔のはっきりわかる写真を用意するとして、サブの写真はあなたの魅力を活かした写真を絶対に掲載すべきです。


  • たとえばスタイルに自信があるかた(全身写真)
  • バストに自信のあるかた(横からの強調写真)
  • 二の腕に自信のあるかた(ノースリーブ着用)
  • クビレに自信のあるかた(フィットしたものを着用)
  • 脚に自信のあるかた(ヒールで強調)


などは、その部位を強調できる写真を掲載しないのは宝の持ち腐れ。

もったいない例
  • スタイルが良いのに顔写真(又は上半身)のみを掲載。
  • 上半身ちょいぽちゃで、脚が細いのに顔写真(又は上半身)のみを掲載。
  • 谷間が造れるくらいの持ち主であるのに写真では全くそれがわからない。
  • お肌が色白でキレイなのに、露出度がゼロに近い洋服をチョイス。
  • 歯や歯並びがキレイであるのに、笑顔でもそれを見せれていない。


男は本当に単純な生き物であり、ちょっとしたことで食いついてきます。そもそも選択されないことには意味がありませんので、ここは結構重要です。

参考記事:婚活がうまくいかない女性の7つの特徴と男を振り向かせる秘訣を暴露!


3.動物と一緒に映った写真はどうなのか!?

たまにネコをメインの写真にして自身の顔を出していないかたもあるあるですが、そのケースは男性から完全スルーされます。

ただしネコやイヌなどの可愛い動物と本人が一緒に映った写真は、高評価なんです。その男性がネコ嫌いやイヌ嫌いの場合はマイナスにはたらきますが、確率的に少ないはずです。

現役婚活カウンセラー1口メモ


管理人の美喜です。婚活サイトやマッチングアプリなどであれば自撮りのような、いかにも生活感が出ているほうが受けがよい場合もありますし、プロに撮ってもらったおかげで何割も増してみえる場合もあります。


プロに依頼して出来上がった写真の掲載で「いいね」が何十倍にも跳ね上がるケースもあるようです。それほど男性は写真しかみていないということ。


そこでよく「いかにもって写真は本気度が高そうで引かれるのでは!?」という疑念をもたれる女性が多いですが、それは女子の発想です。


男性はその写真のあなたに魅力があるかどうかの判断しかしておりません。逆に「本気度感じて引くわ」というかたがいるとすれば、そもそも婚活など本気でおこなってないかたでしょうから、そもそもそのようなかたはあなたに必要ないはずです。


そのように考える男性はいませんので、安心されてください。 とにもかくにも婚活サイトやマッチングアプリの場合は、お相手の男性があなたに魅力を感じる写真の掲載が重要であり、自撮りでもプロ依頼でもどちらでもよいでしょう。


自信のないかたは、お金を払ってプロの技術を買うくらいの感覚でよいかと思います。 冒頭でも記しましたが、最終的には何枚も撮ったうえで次の注意点の3点を注意されてくださいね。

  1. 自分のお気に入り写真を優先しない(ハズレの場合多い)
  2. 複数の男性の意見を素直に聞く
  3. 女性の意見はまったく意味なし(男女ではまったく目線が相違) を意識されて掲載されてください。


補足記事:婚活女性のプロフィールの考え方と男ウケする起承転結の書き方とは?


結婚相談所を利用する場合の男ウケする婚活写真のポイントとは!?

まず結婚相談所への入会の場合、私の担当する会員さんには100%プロの撮影をおこなっていただきます。


ここ最近では、プロフィール写真やお見合い写真の依頼は急増しているようです。

プロが撮ったお見合い写真

理由はあたりまえですが、プロ=そのお仕事で生計を立ててらっしゃるわけですから、素人と比較すると技術がまったく別物であることと、その人物の魅力を引き出す腕は間違いありません


ただし業者の選択を怠らないように。普段そのような依頼をあまりされていない業者などに頼んでしまいますと、明らかに昔ながらの古くさいお見合い写真のようであったり、老けて見えたりしたりなど、結果が悪い場合もありますから。


あなたが昔から信頼のおけるカメラマン(あなたの一番いい表情を知っている人)などがベストですが普通そのようなかたは、なかなかいないですよね?


婚活写真で口コミ評価が高いところなどを選んで撮影依頼されてください。 依頼をすると数万円はします。高いだけ納得できる写真はあがると思いますので、もし余裕があるならばプロにも撮影してもらいましょう。


結婚相談所での写真も同じように自身のアピールポイントを盛り込んだ写真をサブ写真として掲載しましょう!


例)足が細くてキレイなかたは必ず上記のような写真をサブ写真として使うと、男性の反応がすこぶる変わってきます。


結婚相談所の写真はなぜだか、1枚のみの方が多く見受けられます。


その相談所自体が1枚しか掲示できないパターンもありますが、複数掲載できる結婚相談所ではサブ写真でアピールポイント写真を掲載されてください。


繰り返しますが、メインの写真は顔のはっきりわかる写真を用意するとして、サブの写真はあなたの魅力を活かした写真を絶対に掲載すべきです。

  • たとえばスタイルに自信があるかた(全身写真)
  • バストに自信のあるかた(横からの強調写真)
  • 二の腕に自信のあるかた(ノースリーブ着用)
  • クビレに自信のあるかた(フィットしたものを着用)
  • 脚に自信のあるかた(ヒールで強調)


などは、その部位を強調できる写真を掲載しないのは宝の持ち腐れ。

男は本当に単純な生き物であり、ちょっとしたことで食いついてきます。そもそも選択されないことには意味がありませんので、ここは結構重要です。

参考記事:婚活がうまくいかない女性の7つの特徴と男を振り向かせる秘訣を暴露!


結婚相談所におけるその他の写真に対しての注意点は!?


プロに依頼するという以外は、写真においては基本的に上で述べたマッチングアプリや婚活サイトのケースと変わりません。


たまに見かける【写真:非公開】というケースは、瞬間離脱されて終わります。 また、スマホで自撮りした自身の最高傑作!も自分から見た傑作であるという感情はなくし、必ず男性(複数)だけの意見を取り入れましょう。 自分+同性の意見はまったくのムダです。

なぜならば、ご自身の姿は自宅や勤務先の洗面台や化粧台の鏡やショウウィンドウに映る姿しか普段見えておりませんので、最大限の魅力に気付けないからです。

また男女の見方はまったく違います。 合コンなどでも、女性から見て可愛い・キレイと思って呼んだ友人に対し、男性はまったく興味を示さない。 逆に、男性から「凄いイケメン」が来ると期待させられ、見てみると「え?」などのご経験もされてらっしゃるのではないでしょうか?

とくに結婚相談所というものは結婚相手を探す活動ということを再認識されてください。 結婚は、自身の長い人生の中でも3本の指に入るくらい大切なイベントです。

その大切なパートナーを探すという活動において、スマホの自撮りで自身の思う最高傑作だというレベルの写真をアップする時点で本気度が欠けております。 では、どうすればよいのでしょうか?

「写真を明るく・・・」「笑顔を・・・」「お化粧・・・」などの、よく結婚相談所のマニュアルに書かれているような内容をここで記しても、この記事が読者の皆様に役立つとは思えないので、あえて省きます。


自分の魅力を武器に変えましょう!


まずは自身の見た目の長所を探す副管理人の私もそうですが、男は単純な生き物です。

写真に興味を示せば、相手にされるかどうかもわからないのに必死でプロフィールをじっくり見ます。 しかし、もったいないことに何故だかご自身の長所を活かせた写真が掲載されていないケースが多々あるのです。


非常にもったいないケースは他にもたくさんあります。

  • 「私、ちょいぽちゃだから・・・」いえいえ、ぽっちゃり好きな男性はたくさんいます
  • 「私、デカ女だから・・・」いえいえ、長身女性が好きな男性はたくさんいます。
  • 「どうせブサイクだし・・・」いえいえ、ブサイクな女性なんていません。 


自身がブサイクであると思っている女性はたくさん結婚されてますし、そう思っているだけであって必ず魅力は持ち備えています。 まずは、長所を必ずプロフィール写真に活かすべきであると思います。


そして、必ずプロに撮ってもらうことです。とくにご自身の長所がわからない方は必須!です。 最近では、メイクや髪のセットまで付いたフォトスタジオが出来てきております。


多少の出費ではありますが、プロフィール写真によって活動が180度よい方向に変わり、素敵なパートナーと巡り合える可能性が高まるのであれば、まずはここに予算をかけるべきでしょう。


ただし、写真を選ぶ際は必ず自身の意見は捨て、第三者の男性複数の意見が合致したものを選択すべきです。


また最近ではフォトショップなどの写真加工技術が飛躍的に進歩しており、修正写真などが頻繁に使われていたりしますが、やり過ぎは自身の首を絞めることになりかねないですが、多少であればアリであると思います。


婚活で会える率が180度変わった女性の例

彼女は最近成婚されたのですが、「ぽっちゃり」「デカ女」をコンプレックスにされておりました。身長は172cmあり、子供の頃から嫌でしょうがなかったらしいです。

最初は「ぽっちゃり」と「デカ女」を必死で隠そうと顔だけの写真を掲載されて活動いたのですが、うまくいきませんでした。

そこでわたしは気付いてはいたのですが上半身はたしかに「ぽっちゃり」ですが、下半身は綺麗な脚をされているので、脚を出した全身写真を提案しました。


しかし「デカ女」のコンプレックスにて彼女は検討しますとのこと。その後、「やってみます」とのことでしたので、プロメイクとプロカメラマンにて撮影をおこない、何百枚から選んだ2枚でビンゴです。

1枚目

上半身のプロフィール写真

2枚目

全身写真

この2枚に変更してから、彼女の活動は180度変わったのです。成婚が決まった際にこの件のお礼を言われましたが、私としてはただ嬉しいと思ったことと、改めて写真の大事さを思い知らされました。

写真が良くても実際にお会いしてガッカリされない? もしかしたら、ガッカリされるかもしれません。これは事実です。


しかし自身が気になった方に写真を見られて瞬間離脱され、お会いすら出来ないのとどちらがよいでしょうか? 私の経験上、多少お写真と違って残念という感想があっても、お話していくうちにウマが合ったり、その方の魅力が感じられたりする事もありました。


また、完全にプロに撮られた写真でしたが、会うと実物の方が魅力的であった方も多いです。 実際に私の嫁は写真にプロに撮られた写真であり、多少修正が加えられ、お会いした時に少し写真と違うことに残念(これは嫁にも話してます)でしたが、話すにつれて嫁の魅力に溶け込まれたって感じです。


嫁が自分のスマホの自撮り写真掲載したプロフィールを見て、私がお会いしたいと思ったかどうか?(多分、お会いしていない気がします)は今となってはよくわかりませんが、婚活においてはお会いしないことには何も始まりません。


結局、活動の上で気になる方とお会いできる確率をあげることが最重要です。 男性が女性のプロフィールを見る場合において、98%もの比重がプロフィール写真におかれ、その判断で「ナシ」であると、プロフィールも見ず瞬間に離脱、「アリ」であると、そこからはじめてプロフィールをじっくり見るということです。

結婚相談所の場合は、それにプラスしてプロフィールの記入が大切となってきます。


そもそも写真掲載をしたくないのですが!?

うなだれる女性

写真掲載が必須か?と問われますと、最近では写真掲載が義務付けられてきている傾向にありますが、運営会社によっては一部のデータマッチングを主流としたサービスを利用すれば非掲載で利用できるものもあります。


しかし活動するにあたり写真掲載をしない場合は大変不利となるでしょう。  


今や婚活サイト・マッチングアプリも結婚相談所も会員数はうなぎのぼりです。その多くの会員はほとんどの方が上記理由にて写真掲載をされております。


という実態から、お近づきになったあとから写真を拝見というのはムダも多く面倒という思いが大半でしょう。多くの掲載があるなか非掲載のかたがいれば瞬間離脱にてスルーとなることは明白です。


どうしても写真掲載に抵抗があられるかたは、会費のムダとなりますのでまずサービスの種類として婚活サイトやマッチングアプリ、写真掲載必須の結婚相談所は除外しましょう。

それでも婚活はしたいのであれば、完全データマッチング型の結婚相談所をオススメいたします。 結婚相談所によりましては、提出は100%ですがマッチングされてからはじめてお互いの写真を見られるケースや、支社に足を運ばねば写真が見られないサービスも存在しますので。

とはいえ私の婚活カウンセラーの立場で言わせてもらいますと、相談されても写真掲載を拒否される方はそもそも会員として受け付けません


なぜなら可能性がほぼなくなるからです。


私の担当外の会員さんで、たしかに中には非掲載のかたもいらっしゃいますが、そのようなかたを9割以上の男性は写真以外の詳細に記されたプロフィールにはいっさい目も触れず、写真がないだけで瞬間離脱にてスルーします。

なによりも写真掲載が最重要であることをご理解ください。写真ができあがれば次はプロフィール欄も大切です。

補足記事:婚活女性のプロフィールの考え方と男ウケする起承転結の書き方とは?


まとめ

まずは婚活サービスにおける写真掲載の有無ですが、掲載しないと活動が圧倒的に不利となってしまうことをご理解ください。

  • まずは男性視点の写真の重要性をしっておきましょう。
  • マッチングアプリや婚活サイトに載せる写真は上記9つの基本ポイントをおさえておけば問題なし。
  • 秘訣3選でライバルに差をつけましょう。
  • 結婚相談所においては、撮影は100%プロに依頼しましょう。


婚活サイトやマッチングアプリは自撮りでもよいでしょうし、プロへの依頼もありです。

そして掲載する写真が、活動内容のすべてを左右するほど重要であるアイテムであることを再認識し、今から始められるかたは各ポイントをおさえ、すでに活動中でうまくいかないかたは思いきって写真をチェンジされてみては反応が大きく変化するかもしれません。

男性は必ずプロフィールに書かれた文字など一切読まず一目散で写真を判断し、「ナシ」であればあなたのプロフ画面から即瞬間離脱し、次に行きます。

写真が「アリ」であれば、そこでやっと記されているプロフィールに目を向けられるという流れです。 写真が最重要というのはおわかりいただけましたでしょうか?

とはいえ目的を見失い、よくロンハーなどで見受けられる「奇跡の一枚」を創り出すと、いざお会いする際に自分が傷つくだけです。

自分らしさの魅力を引きだす愛嬌のある笑顔で何枚も撮り、選んでもらうのは男性の第三者!(兄弟や父親でもよいと思います) 素敵な一枚であなたの婚活の幅が有意義に広がりますように! 

MENU

結婚相談所
マッチングアプリ特集
婚活サイト特集
20代男性の婚活特集
20代女性の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の婚活・恋活特集
30代後半40代の婚活特集
30代後半と40代女性の婚活特集
婚活男性の基礎編
婚活女性の基礎編