【出会いがない男】肝心なものとは?アプリやサービスに頼ってもムダ!

【出会いがない男】肝心なものとは?アプリやサービスに頼ってもムダ!

出会いがなく悩む男社会人になって彼女がいない人に理由を尋ねると、大半のかたの答えは「出会いがない」。

ではその環境を抜け出すために多いのが、知人や友人からの紹介合コンへ参加。そしてそれ以外となると決まって出てくるのが、出会いを提供する運営会社のサービスの利用。

しかし利用をされた何%のかたがパートナーを見つけられているのでしょうか?お金と時間をムダにしているかたが多いのは事実です。

ではどうしろと!?まずは「出会い」という意味を勘違いしていないかを考えてみましょう。

こんにちは!こちらの記事は20代の頃はよく「出会いがない」と頭を抱えながらも行動の遅かった、反省人でありコンレク副管理人でもある佳紀(佳紀プロフィール)が記します。

本当に出会いがないのか!?

複数男女で乾杯出会いというものをどう思考するか?によっても180度展開が変わるのではないでしょうか。

たとえば男女3対3の合コンがおこなわれたとします。

あなたは幹事ではなく相手の女性3人のうち1人タイプでしたが、合コンが進むにつれてその子の素振りや口調から自分に興味をもってくれていないと自ら判断したとします。

そう思ってしまうと、もちろん何事もなかったように合コンは終了し、そのタイプの子とLINEの交換もおこなわれず幹事に何気なくその相手の見解を伝えて欲しい旨を打ち明ける事でしょう。

そして時間が経過し、日常生活に戻った頃には「出会いがない」とまた考えていることでしょう。

冷静に考えてこれって「出会いがない」と言えるでしょうか?

多くの男性は、女性と接する機会があっても自分に対して好意を示してくれる女性の有無によって「出会いがある」「出会いがない」と思いがちです。

しかしこの場合を正確にいうと、出会いはあるが積極的な行動が起こせなかった自分の行動が出会いを失くしているのではないでしょうか。

少なくともその機会で3人の女性と接点をキープすれば新たな出会いに恵まれる可能性だってあるわけです。

スタバで出会って結婚

オフィス街を歩く男女例をあげますが実話です。

私の部下は夕刻の営業先訪問までの合間にスタバで当日の日報をパソコンで作成していた際に、隣に同じく営業外回りふうの女性が座ってきました。

彼はその女性がタイプであり、いてもたってもいられず「なんとか知り合いたい!」と思ったようで、試行錯誤し行動にでました。

「すみません、ちょっとトイレに行きたいのでパソコンと荷物を見ててもらえますか?」

女性側は急な依頼に対し、「はぁ」くらいの返答。

彼の勇気と行動力に驚嘆!

そして彼はトイレから帰ってくるやいなや「どうもありがとうございます。」と深々とお礼をし、相手の女性が「いえいえ」と言った瞬間に間髪入れず「営業さんですか?」と尋ねたら「そうです」と。

何の営業されてらっしゃるんですか?から話は展開しはじめライン交換までいったのです。

この彼はイケメンであったわけでもなく、高身長であったわけでもなく、どこにでもいる普通の30代前半のサラリーマン。

結局ラインのやりとりから何度か会い、付き合いがはじまり1年で結婚まで至りました。

出会いがうまくいったポイントは共感!

デートを楽しむ男女このような上手い話がそうそうあるとは思えませんが、ポイントは同じ職種で共感が得られたことに尽きるでしょう。

奥さん側も当時の出会いに関し、その瞬間は同じ職種で共感が得られた以外は旦那に対してなにも感じていなかったと豪語しています。

彼のその度胸と行動力はなぜ仕事に結びつかないのか!?と不思議であったその当時の上司の私ですが、この件に関しては立派なもんだと驚嘆したものです。

たまたま同時刻に同業種の男女が隣同士に座ることになった偶然。旦那が行動を起こさねばなにも起こらなかったという事実。

この件をふまえ出会いがない男の特徴を考えられれば、その逆の発想をすればきっと出会いは出てくることでしょう。

出会いがない社会人男性の特徴の逆を考える!

「出会いがない」と話す社会人男性に理由を問うと必ず出てくる8つの答え

  1. 忙しくて時間がない
  2. 出会えても自信がない
  3. 田舎に住んでいるから
  4. お金がない
  5. もう年齢的にきつい
  6. きちんとした仕事に就けていない
  7. 面倒くさい
  8. そのうち

この8つの答えはすべて「出会いがない」と答えるための自己防衛思考であり、「出会いがない」と話す社会人男性に共通するのが「行動をしていない」「行動を起こそうと思っていない」という結論にいたります。

「行動をしていない」「行動を起こそうと思っていない」という逃げの思考は物理的と精神的に分けるとおのずと理解できるかもしれません。

出会いがないという物理的側面

●職場に女性が皆無である

●職場に適齢期の女性がいない

●営業先や取引先の女性と接点がない

●学生時代のつきあいが絶たれている

●同窓会などがまだない

●友人の結婚式などの招待がまだない

出会いがないという精神的側面

●職場に女性がまったくいないわけではないが行動しない

●営業先や取引先の女性と接点をとろうとしていない

●学生時代のつきあいへみずからアクションをとらない

●合コンなどの誘いにも応じない

●普段から出かけない

上記のように極端な例をあげたのも、行動を起こすか否かで「出会いがない」が「出会いがあった」と変わる可能性があることを知って欲しいからです。

黙ってじっと普段の生活をしていて出会いが突然降ってくるのは映画やドラマの世界だけでしょう。

この「出会い」という世界は「0」か「1」の世界であり、行動を起こさねば「0」であり、行動を起こせば「1」になる可能性があるかぎり0ではなくなるということ。

出会いがない人の出会い方とは!?

職場の男女まず黙っていても出会いがある男とは

たとえばイケメン男性が化粧品会社に勤務しており、周りの8割は女性社員であるとすれば争奪戦となり、そのイケメン男性は選びたい放題となり「出会いがない」などという言葉は意味がわからない状況でしょう。

ではそれがブサメン男性であるとどうなるか?

女性は決して見た目だけで判断している女性ばかりではありません。ブサメン男性であろうが、そのような環境であれば「出会いがない」などとつぶやくことは決してないと言えるでしょう。

環境に左右されることに不公平を感じるのはモチロンでしょうが、「出会いがない」ということを理由に転職するなど言語道断であり、そのような人がいたとしても稀でしょう。

出会いのための環境が整っていないのであれば、出会いをみずから創り出す勇気と女性の集まる場所へ出向き接点を創り出す行動が第一優先です。

草食系男子という言葉が流行ったことはむしろ「出会いがない」と嘆くかたへのチャンス!

「肉食系女子」という言葉も見受けられはしましたが、そもそも人類のみならず生物は本能的に男性側から女性へアプローチをおこなうものであり、上で述べた「行動をしていない」「行動を起こそうと思っていない」男性が多くなっている今、逆に出会いの場を求めて行動を起こせばライバルも少なくチャンスであることは間違いありません。

では出会いの場とは?

ジャンル

備考
学生時代

職場

取引先や営業先

紹介

合コン

この5項目で40%~60%を占めるとされております。

その他では

ジャンル 備考
クラブ 常連になって顔見知りを作る。もしくはナンパ。
スポーツジム ご自身の行く時間帯によく見かける女性はいらっしゃいませんか?
趣味の場 その他の中では価値観の共有が得られ一番確率が高いと言えます。
SNS 上記同様に趣味の共有がはかれれば可能性大。
習い事 一時流行りましたが、効率は決して高くないようです。
婚活イベントや街コンや婚活パーティーなど 参考記事:【婚活パーティー比較ランキング】取材や体験と安全度から厳選した4選!
マッチングアプリ 参考記事:【あなたの利用目的別に探せる】マッチングアプリおすすめランキング!
結婚相談所 参考記事:【結婚相談所の比較ランキング6選】各項目別の根拠を示した体験版!
出会いの場を選択するポイントとは!?
ご存知のとうり女性は男性よりも非常に流行に対して敏感であり、アンテナの感度が優れていると思われてください。つまり現時点の時代の流れに沿った場所に出向くことにより、女性の量も質も違ってくることが最大のポイントなのです。流行ってもいない場所へ出向くことは、行動をなにも起こさないよりも百倍マシですが、どうせ出向くなら流行りの場所へ出向くことにより確率が跳ね上がることは間違いありません。

過去の出会いも出会いでは!?

新しい出会いを求めるかたが多いですが、過去に出会った方々を思い出すのも一つの手ではないでしょうか?

もちろん昔の彼女に連絡をするであるとか、過去にフラれたかたに再度アクションを起こすのは可能性としてはゼロに近く低いでしょう。

女性は男性とは違い、一度終わった関係を復活させる本能は低いです。

そうではなく、ご自身のスマホの電話帳などを眺めると知り合いとしてだけで終わっている関係の女性が必ず登録されているのではないでしょうか?

男女の出会いはタイミングというものにも随分と左右されますので、その当時はタイミングが合わなかったが今だとどうなんだろう?と一度考えて眺めてみるのもアリであり、新しい出会いを求めるよりももしかしたら簡単であるかもしれません。

まとめ

出会いというものを勘違いすると機会損失となる。

出会いがないという言い訳は自己防衛であり逃げているだけ。

出会いがある男は行動できる男性である。

女性は初対面で好意を抱く可能性は低い。

確率の高い場所へ出向くこと。

行動を起こせない男がアプリやサービスを利用してもムダ。

出会いはタイミングに大きく左右される。

効率アップ対策(男性編)カテゴリの最新記事