個人経営の結婚相談所は意外と穴場!?メリット・デメリットを検証!

個人経営の結婚相談所は意外と穴場!?メリット・デメリットを検証!

結婚相談所はどこに入って活動するのがよいのか迷われませんか?

多くのかたが結婚相談所を探す場合、ネットで検索しますが、「結婚相談所」と入力し検索すると大手結婚相談所がズラリと並びます。

また近場で探す場合、「結婚相談所 〇〇〇」と入力(〇〇〇はあなたの住居の地域名)すると、地域名によっては大手がズラリ、また大手が少しと個人運営の地域密着型の結婚相談所が出てきます。

こちらの記事では、コンレク副管理人の佳紀(執筆者:佳紀プロフィール)が、この個人運営の結婚相談所のメリットやデメリットなどを解説いたします。

個人運営の結婚相談所は実は出会いの機会が多い!

あなたは個人運営の結婚相談所をどのようにイメージしますか?

「会員数が少なくよい人のいる確率が少ない」

とイメージされるかたがもっとも多いようです。

連盟・協会の会員数は莫大!

実は個人運営の結婚相談所の会員数は、あくまでもその個人運営の結婚相談所に入会している会員数であり、ご自身で検索して探す場合や紹介してもらうお相手はその結婚相談所内だけではありません。

個人運営の結婚相談所のほとんどが、日本結婚相談所連盟・日本ブライダル連盟・日本仲人協会・良縁ネットなど数多くの連盟や協会に加盟し、その加盟数が多ければ大手を上回る数のお相手と出会える機会があるというわけです。

上記の日本結婚相談所連盟1つをとっても、東証一部上場企業の大手である株式会社IBJが運営しており、会員数64,257人(2019年現在)と業界第一位を誇っております。

そこに加盟している全国2,102社のうちの1つが個人運営の結婚相談所ということです。

出会いの機会が多いのは会員数の多さがダイレクトに影響します。

よいところ取りの個人運営の結婚相談所

たとえば保険の代理店などをイメージするとわかりやすいかもしれません。

代理店契約しているさまざまな大手各社の保険の中から、あなたの実情に一番合った保険の種類を紹介されますよね。

つまり数多くの連盟や協会に加盟している個人運営の結婚相談所においては、大手結婚相談所に入会するよりもターゲットとなるお相手の数が上回る穴場的存在でもあるということです。

運営者の主観に委ねる面を注意!

個人で結婚相談所を運営する場合、もちろん連盟や協会などへの加盟時に研修などを受けはしますが、資格などは必要ありません。

たとえば連盟や協会の規約に準じれば、料金設定・システム内容・サポートなどの手法や設定は、その個人運営の結婚相談所の経営理念や社是などによって自由におこなえます。

ホームページにしっかりと明記している場合もあれば、来店説明時に臨機応変な対応をする場合もあるでしょう。

いずれにせよご自身にて足を運び、運営者とすべて納得いくまで説明を聞かれるようオススメします。

個人運営の結婚相談所のメリットとデメリット

仲介する女性

それでは個人運営の結婚相談所のメリットとデメリットを解説いたします。

メリット

  1. 大手結婚相談所よりもターゲット数が多いケースがある
  2. 大手結婚相談所よりも臨機応変な柔軟性がある
  3. 大手結婚相談所と比較して同様な内容であってもリーズナブルなケースもある
  4. 地域密着として近場の情報に長けている
  5. 運営者によっては大変有意義な婚活がおこなえる

ひとつづつ解説いたします。

1.大手結婚相談所よりもターゲット数が多いケースがある

多くの個人運営の結婚相談所が複数の連盟や協会に加盟しておりますので、ターゲット数が多いケースの可能性は高いといえるでしょう。

たとえば業界1位と2位の連盟に加盟しただけで、10万人を超える会員数となります。

大手結婚相談所の会員数をご覧になられたいかたはこちら

【結婚相談所比較ランキング】気になる項目ごとの早見表一覧!

大手のトップよりもはるかに会員数が多くなることがご理解いただけたと思います。

2.大手結婚相談所よりも臨機応変な柔軟性がある

ガチガチなシステムを基盤としていないがゆえの柔軟性が、ユーザーにとって強みとなるケースを生じさせたりもします。

たとえば紹介人数の超過や料金体系の交渉などなど。

3.大手結婚相談所と比較して同様な内容であってもリーズナブルなケースもある

大手結婚相談所のようなネームバリューがないため、入会というハードルの高さをコスト的に低くしているケースが多々見受けられる。

ただし

  • 入会金
  • 月の活動費用
  • お見合い料金
  • オプション料金
  • 途中退会時違約金の有無
  • 成婚料金

の6点は、入会時に明確にチェックしておきましょう。

4.地域密着として近場の情報に長けている

それぞれの地域に根ざした運営上、近距離における個人運営結婚相談所運営者どうしのつながりがあり、情報交換によってあなたの合いそうなかたを紹介してもらえたりする。

5.運営者によっては大変有意義な婚活がおこなえる

個人運営の結婚相談所であるからこそ、運営者と会員の関係が密となり、あなたのよき理解者となってもらえれば、可能性をより効率よく活動できるための強力なパートナーとなってもらえるでしょう。

デメリット

  1. 運営者とウマが合わねば代役とのチェンジができない
  2. セキュリティ面のリスクがある
  3. 在籍する期間によっては高価になる場合もある
  4. 運営者の経験や考えに左右されてしまう

こちらもひとつづつ解説いたします。

1.運営者とウマが合わねば代役とのチェンジができない

大手結婚相談所と比較して個人一人もしくはスタッフ数名にての運営のため、関係性が悪くなろうが「すぐにチェンジ」とはいきませんので、退会せざる負えないでしょう。

途中退会にてのリスクを入会時に確認しておくべきです。

2.セキュリティ面のリスクがある

大手結婚相談所ではプライバシーマークの取得をはじめとした一般社団法人日本プライバシー認証機構推奨の「TRUSTe」「JCPC」など個人情報漏えいのための策がとられているところがほとんど。

しかし個人運営の結婚相談所においては、取得まで行き着けていない所も多々あります。

3.在籍する期間によっては高価になる場合もある

個人運営の結婚相談所は入会のハードルを低く設定することにより入会を促し、成果報酬としての成婚料などを高く設定している傾向があります。

いずれにせよコスト的な面は上でも述べてますとおり、入会前に上で記した6点はしっかりとヒアリングをおこない把握してから入会の検討をしましょう。

4.運営者の経験や考えに左右されてしまう

個人運営の結婚相談所は経営方針・経営理念というものよりも、運営者の個人的な経験や考えに偏っている傾向が強く、入会者が賛同できれば強力なパートナーとなり得ますが、逆になると入会金をムダにする可能性もあります。

また連盟や協会への加盟がおこなえれば、少ない予算で開業できてしまうのも個人運営の結婚相談所の特長です。

以下の点をチェックし、ひとつでもあてはまれば避けるべきでしょう。

  1. 運営歴が浅い(最低でも5年)
  2. 運営者が独身
  3. 専業でない運営(副業や片手間での運営)
  4. 説明時に疑念が生じた場合
  5. 説明時に話題をすり替えられた場合(明確な回答が得られない)

まとめ

個人運営の結婚相談所を選択したから、また大手結婚相談所を選択したから、どちらを選ぶと結婚に近づくかはあなた次第であり、上に記したようにそれぞれメリット・デメリットがあります。

最低限の予備知識を備えてしっかりと確認をおこない望めば、どちらがよいというわけではなく、あなたが活動をおこなううえで利用しやすく効率が高まると思った結婚相談所を選択するべきでしょう。

大手・個人関係なく、どのようなステージであっても、あなた自身が納得できればよいのではないでしょうか。

目的が「結婚」ですので、すべてはあなたの活動力にかかっていると思います。

結婚相談所カテゴリの最新記事