遠距離の婚活はアリ?ナシ!?思考次第で青天井!

砂浜に描かれたハート

結論から言いますが、出会いの手段として遠距離の婚活はアリです。

しかし大半の方がきびしいと思われるのではないでしょうか?それは実にもったいないことです。

 考え方次第で婚活の幅がぐっと広がることに気付かれてください。 

遠距離婚活における4大デメリットとは!?

  • 頻繁に会えない
  • お金がかかる
  • 会う場所への時間がかかる
  • 距離のイメージで相手の行動が不安

誰もが感じる障壁は実は高くない

お相手との距離にもよるでしょうが、近隣のかたと比較すると気軽には会えませんよね。

日程調整や交通費や時間、距離が遠いというだけで湧き上げる相手の行動(地元でよい異性とあっているのでは?など)への不安。

たしかに昔であればそのハードルは高かったかもしれませんが、令和の今は距離を感じさせないほどのコミュニケーションインフラが整っていますので、距離に関係なくお互いのことを分かり合う時間は大幅に短縮できます。

遠距離婚活における4大メリットとは!?

遠距離婚活においてはデメリットを覆すメリットが実際にあります。

  • ターゲットとなる異性の数が激増
  • 出会ってみたい土地の方と出会える
  • 会う時間がかかるだけ大切な時間を過ごせる
  • お金がかかるだけ真剣度も高まる(ズルズルが無くせる)

ターゲットとなる異性の数が激増

婚活をおこなうにあたって遠距離のかたと知り合うには結婚相談所・婚活アプリや婚活サイトなどのネット婚活があげられます。今やどのサービスも全国区でありますが、いざ利用するとなるとほとんどのかたは近隣で探すでしょう。

そこで出会いがないと悩まれてらっしゃいませんか?

 それを遠距離まで視野に入れるとターゲット異性の数は莫大に増えます。あなたの理想のお相手が近隣にいるとは限りませんし、もしかしたら遠方にお互いにとって理想の運命のかたがいる可能性だってあるわけです。 

とはいえ上で述べた4大デメリットがまだ気になる方も多いでしょう。

そこでまずは一度、気になるデメリットであるネガティブ要因に対し、思考を柔軟にしてポジティブ思考で打ち消してみます。

近距離であっても頻繁に会っていない

そもそも婚活においてのデートとして頻繁に会っているかどうかは、距離ではなくお互いの相手への想いの強さではないでしょうか。

今では距離を感じなくて済むLINEを基軸とし、お互い顔を見ながらの通話など、相手とのコミュニケーション手段はいくらでもあります。逆に会えない時間がお互いの愛を育む絶好の機会にさえなり得ます。

お金は大事な相手へ大切に

近距離であるがゆえの日常感によりなかなか決断できず、なんとなくズルズルと散々するお金より、遠距離であろうが「この人だ!」と思えるかたに使用するお金には価値があるはずです。

相手の思考や行動は距離ではない

会うまでに時間がかかることは否めませんが、その労力ゆえに会っている時間を大切にする気持ちが湧き、あらゆる角度から気付けることもあるでしょうし、一つの出会いを真剣に向き合える機会にもなり得ます。

また近距離であろうが遠距離であろうが、相手に気持ちが募ると不安は生じます。監視カメラやGPSでもない限り嫉妬心に本来距離は関係しません。

遠距離婚活をプラスに変える5つの上手な進め方とコツ

婚活サイトや婚活アプリ会員内でお互いの気が合った、もしくは結婚相談所の会員内のお見合いで気が合って遠距離交際がはじまったことを前提に、お互いの目的である成婚までの上手な進め方の方法をポイントごとに解説いたします。

1.デート場所

一番最初は男性側が女性側の場所に会いに行かれるのがベストでしょう。二度目からはお互いの住まいの中間地点で会うことを中心に計画をたてるのがよいと思われます。

 お互いがよく知らない場所でのデートは新鮮さも増し、またデート自体も一つの共同作業として親近感も増すよい機会です 

2.交通費・デート代

通常であれば女性より男性のほうが収入が高いであることを前提とし、プライドも兼ねデート代は男性がもつというのが婚活をおこなううえでスマートです。

ただし遠距離の場合、交通費もバカになりません。女性側もそのことは頭に入れておき接するようにされてください。

たとえば男性が女性の居住する場所まで会いに来た場合、「わざわざ来てくれたのでここは私が払いますね」ということ。逆もしかりで、 お互いに感謝の気持ちをもって接すればクリア できますし、このようなやりとりはある意味、夫婦間のような錯覚も感じれますので、お相手が本当に自分にふさわしい方なのかの判断材料にもつながる良い機会です。

3.相手の生活ルーティンの確認

交際が始まった場合、遠距離恋愛中に連絡がなかなか取れなくて不安であるといったような内容をよく耳にします。

 こちらに関してはもし可能であればお付き合いスタート後の会った際に簡単なルールを作るのがよいかと思います。 

彼はとてもマメだけど彼女はLINEや電話が苦手というようなケースや逆もしかり。そのあたりの確認は遠距離婚活のキモといっても過言ではないでしょう。

相手の生活サイクルを把握し、毎日仕事から帰宅したら1回だけメールしようね、など簡単な内容でよいかと思います。ルール作りをしたうえでそれが守れそうにない日などの場合は、あらかじめそれはしっかりと相手に伝える事を繰り返せばお互いの信頼という種がどんどんと育つはずです。

また仕事が忙しくてなかなか連絡を取れる自信がない方は、守れないような約束は最初からしないほうがよいかと思います。その小さなきっかけから相手に不満要素を作ることになり、自ら首を絞めることとなります。

4.会えない期間のやりとり

マメなLINEのやりとりをおこなえば、距離など感じなくなります。ポイントは 文字数を少なく頻繁に というのがベストであり、長文のやりとりはどちらかに疲労感が増すとうまくいきません。

相手を知りたがる内容はできるだけ直接会った際にとっておきましょう。これはデートを充実させるためです。

また文字でのやりとりだけでは文面の解釈の違いというものがありリスクが生じますので、たまには通話をおこなうであるとか、会ったときにお互いの本音を聞き出しLINEの頻度であるとか「文面でおかしくな印象を与えてない?」などと確認し合い、ルールなどを見直すのも愛を育むうえでの共同作業としてよい機会です。

5.期限を設定

近距離・遠距離問わず、ずるずると引っ張る仲は婚活においてはタブーです。とくに遠距離であるとうまくいかなかった際に、金銭面においても精神面においてもグッと疲れが押し寄せるので判断はスピード感が大切。

 期限を設定するもよし、デートの回数設定でもよし、自身の中で決断リミットを設け思考・行動されてください 

というのも正直、婚活でうまくいったカップルと、うまくいかない人の違いはこのスピード感が大きな理由の一つです。とくに遠距離の場合そのことを頭に言い聞かせて行動することができるのでこれまたタイミングを逃さないためのよい機会となりますね。

意中の相手が出来た際の確認ポイント


男性であれば読み飛ばしていただいて構いませんが、女性にとってみれば遠距離相手といざ結婚となると、もちろん結婚相手の場所への引っ越しとなります。

その際に考えられることとして

相手の場所で過ごせるか?

決断をする前にお相手の地域が馴染めるかの確認も遠距離婚活において重要な一つです。

地方エリア → 地方エリア
都会エリア → 都会エリア

であれば問題ないかと言えばそうではありません。狭い日本でもその土地その土地の文化があり、その文化に馴染めねば、たとえ理想の相手との暮らしと言えど亀裂が生じることはよくあることです。

とくに
地方エリア → 都会エリア
都会エリア → 地方エリア

 このケースは文化に加え生活環境がガラッと変化しますので、実際に何度も足を運び自身に問いただしましょう 

現在のお仕事と相手の収入

現状のお仕事をやめてお相手の土地でお仕事を探すこになるケースが多いと思われます。

かんたんにお仕事が決まればよいでしょうが、ご自身の年齢とキャリアによってはお相手の土地でなかなかよい条件が見つからないケースもあるでしょう。

その際には、お相手の年収との相談になることは必須ですので、いざプロポーズをされるであろう予感の前にはそのあたりのお話もされておくべきです。

 とはいえお互いに結婚まで考えれるのであれば、そこは最初の共同作業としてうまく乗り切れるでしょう。 

まとめ

上記までをご覧のとうり、遠距離婚活はアリです。

遠距離婚活は一見ハードルが高そうに考えがちですが、発想の違いだけで欠点を逆手に取ると近距離の方との婚活よりスムーズにいくケースもあります。

いずれにせよ、遠距離とはどこまで?という疑問は置いておき、範囲を広げて婚活をおこなえば理想の方と出会える確率は高まることだけは確かでしょう。

あとは本文で記した内容を頭に入れ活動されればなおさら可能性は高まると思います。

一番大切なことは、近距離・遠距離に限らずですがお互いの気持ちを考え、感謝の気持ちを忘れず行動し信頼しあえる仲になれるよう頑張ってください。

関連記事

  1. 年下とドライブ中の40代女性

    【40代女性の恋愛対象とは?】やはり年下はムリ?

  2. 理解できず悩む女性

    お見合いで男性からお断りの理由が不明!何を後悔し反省すればよい?

  3. 結婚に悩む女性

    結婚を悩みすぎて不安で疲れきった女子必見!整理してスッキリする思考とは?

  4. 20代の女子達

    「20代女性の婚活」知らなきゃ損する自身を有利にさせる基礎とは?

  5. グタっと疲れているアラサー女性

    【婚活に疲れたアラサー女】よくある原因ととるべき解決策5選!

  6. プロポーズ中のカップル

    婚活で成功する人とは?傾向からみた3つの対策!