結婚相談所の仲人型・データ型・ネット型それぞれの長所や短所とは?

結婚相談所の仲人型・データ型・ネット型それぞれの長所や短所とは?

結婚相談所を考えた際に、どこを選べばよいか迷われませんか?

知名度や自宅からの距離、料金や会員数などなど気になる点はたくさんあると思います。

迷われてらっしゃるかたが、最初に把握しておくべき点は結婚相談所の運営方式の基である類型です。

こちらの記事ではコンレク管理人の美喜(美喜プロフィール)が、現在の結婚相談所の代表的類型を4種類あげ、それぞれの

  • 活動内容
  • メリット
  • デメリット
  • どのようなかたに向いているか
  • 代表例

を記しますのでご参考にされてください。

結婚相談所の類型は4種類!

示すコンシェルジュ

  • 仲人型(仲介型)
  • データ検索型(インターネット型)
  • データマッチング型
  • ハイブリッド型

結婚相談所は大手から個人運営まで国内には多く存在しますが、どこの結婚相談所も上記4種のいずれかを基本とし運営しております。

結婚相談所は民間のビジネスですので、会員の成婚への効率を第一に考えるのはもちろんです。

ただし並行して運営利益も上げねばなりませんので、会員の獲得に向け各社それぞれ運営歴の中から差別化をはかり、行き着いた先がこの類型に分かれたと言えるでしょう。

各種それぞれの特長があり、ご利用されるかたによってメリット・デメリットの感じ方は相違しますが、ご自身に合っていると感じた類型を目安に選択のめぼしをつけるのがよいと思われます。

結婚相談所の仲人型(仲介型)の内容およびメリットとデメリット!どのようなかたに向いているか!?

仲介する女性

一番歴史のある類型です。

仲人型(仲介型)の主な活動内容

あなたへ担当のコンシェルジュ(相談員)が付き、そのコンシェルジュと綿密な婚活計画の打ち合わせ(あなたの希望条件や嗜好、売り出すポイントなど)からプロフィール作成などのサポートを受け登録。

あなたの希望に沿ったかたを多くのコンタクトの中から紹介してくれ、活動をしていくうえでのサポートもしてもらいながら活動していきます。

地域密着の結婚相談所などのほとんどがこの仲人型です。

仲人型のメリット(長所)

本気で結婚を考えているかたにとっては確実性が高い活動内容。

担当コンシェルジュが仲介するため、お見合い率や交際率から成婚率が高くなる

担当コンシェルジュとのサポートやコミュニケーションにより、あなた自身を知ってもらえ、合いそうなかたの紹介やお会いした後のお相手の意見なども教えてもらえる。

仲人型のデメリット(短所)

活動費用が高めであり、成婚料がかかる場合もある。

コンシェルジュとの相性にも左右される。(コンシェルジュのチェンジはもちろん可能)

あくまでも仲介ベースであるゆえに、自由度は低い

向いているかたとは!?

  • 結果や確実性を求める人
  • 異性との恋愛経験がすくない人
  • サポートが必要である人

大手の代表例

IBJメンバーズ、パートナーエージェント、ゼクシィ縁結びエージェント、エン婚活、サンマリエなど

データ検索型(インターネット型)

スマホで検索

インターネット型とも言われるだけ、類型では一番新しい型式であり、流行りのマッチングアプリの結婚真剣版とも言える。

データ検索型(インターネット型)の主な活動内容

スマホやPCより会員情報に入りお相手を検索。

ご自身の条件に合ったかたにお申し込みを入れ、OKをもらえれば詳細情報を閲覧できて合意した場合、実際にお会いする。

データ検索型(インターネット型)のメリット

ご自身がご自分の都合で、自由にスマホやPCにて検索で探せる。

料金が安いところが多い。

データ検索型(インターネット型)のデメリット

会員の内面的な質の保証はなく、公的証明書以外のところでは嘘などもつけてしまう。

検索から実際にお会いするまでをご自身で結びつけねばならない

向いているかたとは!?

  • 恋愛経験の豊富なかた
  • 自由気ままに活動されたいかた

大手の代表例

ノッチェ、エキサイト恋愛結婚、Yahoo!縁結び、ブライダルネットなど

データマッチング型

データ収集

入会時に大量のご自身のデータを入力し、相性データを一番に重視する型。

データマッチング型の主な活動内容

登録している会員情報とお相手への希望条件にて合致した人から規定の人数を毎月紹介される。

紹介においては、社の過去からの成婚した組み合わせ統計に近いデータ相手から紹介されるというまさにデータ重視。

会員数が多く歴史が長い結婚相談所に多く見受けられる類型

データマッチング型のメリット

会員数の多さから自身の理想に合ったお相手が存在している確率が高い。

ビッグデータベースでの紹介にて、自身の思いもよらぬ方(よい面・悪い面どちらもある)との出会いも期待できる。

データマッチング型のデメリット

サポート自体は少なく、自身で出会いまで結びつけねばならない。

意外とお見合いまでの敷居は高い。

向いているかたとは!?

  • 会員数を重視するかた
  • 普段忙しく、スキマ時間で活動されたいかた

大手の代表例

楽天オーネット、ツヴァイなど

ハイブリッド型

ここ最近になって他社競合との差別化をはかるために、類型それぞれのよいところを抽出し、組み合わせた類型。

ハイブリッド型の主な活動内容

ここまで記してきた仲人型(仲介型)・データ検索型・データマッチング型などのよい面を組み合わせた活動。

ハイブリッド型のメリット

効率の高さ

ハイブリッド型のデメリット

料金が高い、成婚料がかかる

向いているかたとは!?

  • 費用は高くとも効率の高さを求めたいかた

代表例

IBJメンバーズ、パートナーエージェントなど

まとめ

結婚相談所の4種類の類型を記しました。

もしあなたが結婚相談所を検討されているならば、上記をご参考にしたうえで自問自答されてください。

あなたは今、

  • 現時点で本当に結婚をされたいのか?
  • 真剣に活動する決意ができているか?

各種類の特長は記しましたが、あなた自身が真剣に活動をされないとどれを選択しても中途半端に終わり、お金と時間がムダになります。

もし真剣に取り組めるのであれば、婚活サービスの最終章である結婚相談所は、利用価値のある婚活がおこなえる素晴らしいステージでしょう。

結婚相談所を利用したからといえ、結婚はかんたんなものではありません。

どれを選択されましても、ご利用されるあなた次第ということです。

関連記事:【結婚相談所比較ランキング】気になる項目ごとの早見表一覧!

 

結婚相談所カテゴリの最新記事