Original

婚活イベントって穴場?意外と知られていない自治体主催のもの!

婚活の方法のひとつとして、婚活イベントという名称のものがありますよね?

今やネットで婚活イベントと検索すると多くヒットします。 婚活イベントといえば、検索すると目につくものの多くが民間企業が主催のイベントでしょう。

それもそのはず、自治体主催のものは民間主催のように広告を発信しません。 たとえば大阪府に住んでいるから大阪自治体についてのホームページを開こうと思う人はいないと思います。ですのでなかなか気づかない方が多いのです。

とはいえけっこう多くの人数が集まっており婚活の穴場的存在となっているのが事実ですので一度はお近くの自治体のものを見てみられては如何でしょうか?


自治体主催の婚活イベントのポイント!

実は、はじめて婚活を考える際に意外と盲点なのが地方自治体が行う婚活イベントであり、47都道府県すべてにあるのは驚きです!(県単位ではなく、各市町村が主催している場合もあります)

なぜこんなにも多くあるのでしょうか?

各都道府県(区市町村)では少子化対策として出産を応援しています。そのような背景をもとに結婚を支援している自治体が増えてきているということ。

地元の人と結婚したい!と考えられてる人にとってはうってつけですね。また他都道府県からの参加者を募集しているところもあり、移住を目指しているところもあるようです。

自治体主催の婚活イベントのメインは婚活パーティー!

メインは婚活パーティーとなります。こちらにおいては定番ですよね。

なんだぁ、婚活パーティーかぁ!」と、あなたは聞き飽きたフレーズにうんざりされるかもしれません。 しかし自治体主催の婚活パーティーは、根本的なものが違います。

民間のものとなにが違うのでしょうか? これは、利益を追求していない」こと。ここが一番のポイントでしょう!

自治体主催の利益を追求していない婚活イベント3つの恩恵とは!?

利益を追求していないことによる参加者への恩恵はなんでしょうか? 大きく分けると以下の3点があげられます。

  1. 安心・安全

  2. 参加費用

  3. 自由奔放・おせっかいナシ

1.安心・安全

民間ではどうしても利益優先に企画せざる負えません。運営会社を間違って選択すると、サクラがいたり男女比がおかしかったりする可能性が残されるわけすよね。

自治体であるとそこは安心・安全が約束されます。 都道府県の自治体や各市町村などが主催し、支援してくれてるとなると何だか心強いですよね。

2.参加費用

民間企業運営のイベントと比較すると参加費用が安い場合が多い。

3.自由奔放・おせっかいナシ

民間の婚活パーティーのように、司会者が時計とにらめっこしながら分刻みに仕切って指示をするような慌ただしいものではなく、比較的自由にゆったりと進行されます。

ここで注意点ですが、逆に運営者に背中をおされて指示を受けながらでないと自らの行動ができないと思われる方は、正しい運営会社を選択する前提で民間運営の婚活パーティーへ行かれたほうがよろしいかと。

婚活を始めたいけど、どのようなイベントに参加しようかと悩んでるかたは、はじめての婚活イベントとして自治体のイベントから参加してみてはいかがでしょうか? 参加したいと思われる方は、あなたのお住まい地域の婚活自治体をぜひ調べてみてください、必ずヒットします。 積極的に活用していきましょう!

体験型の婚活イベントとは!?

婚活パーティーなどは自己紹介をしておしゃべりをし、お互いカップリングすれば連絡先を交換してという流れで「まさに婚活!」感が全面におしだされますが、婚活イベントの種類の中でも体験型は少し違います

もちろん「結婚相手を探す」という目的がメインではありますが、同時にそのイベントを楽しむこともできるので、そのあたりの婚活特有であるギスギス感のなさが人気の理由。

たとえばあなたがハイキングが好きでハイキングの婚活イベントに参加しようと思えば、それに参加している異性もハイキングが好きなはずでしょう。

もしもそれがお料理イベントならその異性もお料理が好きなのです。

つまり共通の趣味を持った人が参加している機会にめぐまれるということ! そうなると共通の好きなものに対しての会話が生まれ、話題の心配は不要であり自己紹介から仲良くなれるという流れも自然になり、ガチガチと固くなるような雰囲気は払しょくされるでしょう。

またパーティーなどと比較して、参加人数も少数制ですのでゆっくりと一人づつと会話ができます。まったく知らない同士が集まるだけに、共通の趣味があるのとそれを知らずに会うのでは雲泥の差ですね。

そのようなスムーズさから連絡先交換の確率も高まるでしょうし、恋人になれる確率も上がることはいうまでもないでしょう。

ただし良いことばかりではなく、人数が少ないだけ選択肢は狭まり、行ってはみたけどタイプな人もおらず、明らかに「ここでは出会いがなさそうだなぁ」と感じてしまったら残念ですがイベント自体を楽しんで帰宅するしかなくなります。

本来そのイベントにさほど興味もなく婚活しか目的はない!って人も参加しているケースもあります。そのような方はお目当ての女性がいなければイベントでの時間は苦痛でしかないでしょうね。

ですのでそうはならない為にも、できるだけ興味のあるイベントを選んでください。調べるとこんなのもあるんだなぁと楽しくなってきますよ。

婚活イベントの内容と流れ

婚活イベントの内容にはパーティーや体験型があります。 まずは募集されているページに、当日の詳細(費用や服装や参加条件など)が書かれていますのでじっくり見てみましょう。

住む地域によってさまざまなのですが、大体の流れをご説明します。

もしこのイベントやパーティーに参加したいと思えば事前予約をしてください。そして当日は指定された場所に行き、受付をし、エントリーカードなどの記入があり、お金を支払います。※予約の時点でお金が必要なところも。

いうまでもありませんが、遅刻は厳禁! 受付によっては身分証明書や誓約書が必要なところもあるのですが、これはさまざまです。

そのあとは主催者側の指示に従い、自己紹介など個々で異性とお話しします。主催者側が配慮してくれますので、全員と話せるようになると思いますよ。 もしその中で気に入った人がいて、この人と話したい!となると第一印象カードに記入し、フリータイム中にそのカードを主催者がお相手に渡します。

自分も渡された場合は、どの人が自分に好印象だったかがわかり動きやすいです。このカードなんですが、色々調べるとあるところとないところがあるようですね。 イベントが終了するとあとは個人の自由なので、その後も気に入った異性と連絡先を交換して、よい出会いとなればそのまま会場をあとにして二人でお茶でもされるという感じでしょう。

各イベント内容や、主催者側によって流れは異なりますのでご注意ください。自分に自信がなく、フリータイムで一人ぼっちになったりしたらどうしようと思う人もいるとは思いますが、主催者側がフォローのサポートをしてくれるはずです。

ただし自治体のイベントは、主催者がその道のプロとして進行してるわけではないので、不安な部分が出てきそうなら事前に電話確認しておいてもいいでしょう。主催者側の手腕(民間運営との相違点)によってそのイベントの評価は左右されます。

30代~40代限定など、イベントは年齢が区切られていることが多いので自分の年齢を気にされてる方もご安心ください。アラフォー限定!というイベントがあったりもします。

年齢幅に関しては広いイベントと狭いイベントがあるようです。 自分だけ若い!とか年寄り!とかなる心配があるかたはできるだけ年齢の狭いイベントに参加されることが無難でしょう。

婚活イベントでの服装について

どのような服装で行ったらベストだろう?」けっこう悩みますよね。

パーティーであれば多くの場合、男性はジャケット着用など募集要項に記載されているので普段のスーツ姿で安心です。 女性は「婚活なので清楚なほうが・・・」「あたりさわりないほうが・・・」と悩まれるでしょう。

実際には、ドレッシーな方やジーンズの方までいろいろな方がいらっしゃいます。ではあなたたは?当サイトの記事:婚活女の服装はこれ!男ウケする厳選7アイテムとは!?をご参考に!

問題は、体験型イベント。 そのイベント内容に見合ったものとしか言いようがありませんが、 男性はトレンドやブランドにこだわらず、とにもかくにも清潔感がある服装が異性に好印象に見られる鍵となります。

パーティーであればスーツがいいでしょう。男らしさを感じるポイントです。ただし男性のスーツギャップって結構あるらしいので、婚活に限らず女性とデートのときの私服も同様に気をつけてくださいね!(余談です)

女性はイベント内容に見合ったものというヒントがあれば敏感にこなせるのでは?ただしメイクに関しては、内容によっては注意されてください。

あまりブランド物で固めたりなど高級感は出さないよう注意することと、「シンプルで清潔感・清楚感があるものを」と言いたいところですが、女性の婚活は先の考えられる男性を見つけることが目的であり、惹きつけるために男性思考の理解が大切です。

男性目線で書かれた当サイトの記事:婚活女の服装はこれ!男ウケする厳選7アイテムとは!?を参考にバランスを考えてください。 派手や地味など、それぞれ男性もタイプがありますのでの全体に好印象をもたれる気持ちでご準備されるのが無難ではないでしょうか。

男女両側にいえることは、香水はシャンプーの匂いがほんのりするくらいの匂いならいいですが、イベントによっては1対1の個室になる可能性もありますので、その匂いが異性にとって苦手な場合もあり、ご自身の体臭など気にしてる方以外はしなくてもよいでしょう。

服装は第一印象の中でとても大事です。 何事もそうですが、身だしなみでその人を判断できるといっても過言でないくらいだと私は思います。

まとめ

地方自治体が行うイベントは安全面コストを考慮するとオススメです。

利益目的ではなく結婚支援をしてくれていますので心強いでしょう。 ただし自治体が行うイベントは、開催頻度がそれほど多くありません。

民間企業はそれがメインなので、イベント内容の質も高いし、とにかく数を打とうという人は民間で参加された方がよいのではないでしょうか。

成功率は自治体のイベント後は個人の自由になっているので、確率はわからないみたいです。

自分のタイプの異性がどのイベントに参加してるかはわかりません。それは民間でも自治体でも同じことが言えます。 民間運営だったらいい人がいる!とか自治体運営だったら間違いない!という答えはありません。

出会いや結婚はご縁があるかないかの話です。頑張りましょう!

MENU

結婚相談所
マッチングアプリ特集
婚活サイト特集
20代男性の婚活特集
20代女性の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の婚活・恋活特集
30代後半40代の婚活特集
30代後半と40代女性の婚活特集
婚活男性の基礎編
婚活女性の基礎編