Original

【年収2000万円の手取り額】月に換算すると?高年収に群がる婚活女子!

日本の男性の平均年収は約420万円。


貧富の格差といえど年収2,000万円は平均年収の約5倍であり、未来を見据えた婚活女性がまず容姿の次に年収欄を見るというのはよくわかります。


とはいえ2,000万円といえど、実際の手取りは意外にも決して多くはないようです。

年収2000万円の人の手取り額とは!?


自営業ではなく扶養者や配偶者がいないことを前提にし、ズバリ算出してみました。

年収
2,000万円
所得税
▲417.96万円
住民税
▲174.0万円
社会保険料・年金
▲157.4万円
手取り額
1,250万円


年金機構の社会保険計算方法  国税庁の累進課税

このように実際の手取り額は大きく減少します。


累進課税は年収が多くなればなるほど差し引かれる額も多くなる仕組みとなりますので、よくプロ野球選手などの契約交渉で「そんな掲示を受けて保留って・・・」と言われますが、億単位ともなると掲示額よりも手取り額は凄まじく減少するからでしょう。


またスポーツ選手などは、活躍できる期間に保証はありませんし、いつ大きなケガなどで選手生命を絶たれるかわかりませんので、より多く先取りしたい気持ちはよく理解できます。

年収2000万円の人の手取り額を月に換算してみると!?


年収2,000万円のかたの手取り額が1,250万円。単純に12ヵ月で割ると約104万円/月となるわけですが、多くの場合ボーナスが込みの年収であることが予想されます。


仮に夏と冬のボーナスを合わせて400万円と計算しますと、850万円を12ヵ月で割った約70万円/月が毎月の手取り額となるわけで、これを多いと思うのか?少ないと思うのか?は個々それぞれでしょう。


年収2,000万円と聞くとインパクトが大ですが、こうして手取り額になおしてみますと、意外と「そんなものか」と思われたかたも多いのではないでしょうか?

高年収の男性に婚活女子が群がるのは当然!?


あくまでも上記に記してきた数値は、独身男性前提ですので月に手取りが70万円ですと、さぞかし裕福な生活レベルとなるでしょう。


しかしいざ結婚をし子供を2人ほど育てるとなると、そこまで生活水準が高いとは言えないのではないでしょうか。


たとえば子供一人を大学まで行かせると養育費と教育費の合計が約2,650万円~約3,200万円(公立・私立などにより相違)かかります。


つまり貯蓄額は除き、22年間(264ヵ月)で割り出すと約10万円/月となり、子供2人で倍の約20万円/月。


更に夫婦の生活費やら車や住宅のローンに保険類などが加わってくると、老後のことも考えると高年収男性へ婚活女子が群がるのは当然のことでしょう。

20代~30代の多くの方々の現実


とはいえ日本の平均年収である約420万円のかたで計算しますと、手取りは約320万円となり、ボーナスが込みであると30万円/月となり年収2,000万円のかたと比較すると半分以下となりますし、ボーナスの額も遥かに異なります。

この場合に結婚をし子供を2人ほど育てるとなると、やはり奥さんがパートに出向くのはやむ負えない状況であることは間違いありません。

結局のところ累進課税にてもっていかれる額は多かれど、母体である年収が大きくなければ厳しいのは事実。

年収2000万円の人の年齢と職業


年収2,000万円以上の男性ってどのくらいいると思われますか?


実は男性の給与所得者2,831万人の中で年収2,000万円以上の人は約20万人おり、パーセントにすると約0.4%※であり、約250人に1人の計算。

※平成26年分民間給与実態統計調査

考えようによっては「結構いますね」というかたもいらっしゃるかもしれませんが、多くが40代以上の既婚者です。

流行りのIT関連やユーチューバーなどで独身20代・30代前半などのかたもいますが、ほんの一握りであり、そのようなかたと出会い結ばれるなど宝くじに当たるような気の遠くなる世界かも知れません。

次に職業でみていきます。

それくらいはもらっているであろうと想像のつくスポーツ選手やタレントさんなどを除いた職種ですと、MBA(経営学修士)を取得しているような経営コンサルタント、外資系の金融関係勤務、経営者・役員などがあげられます。

医師や弁護士や公認会計士などでは?と疑問に思われるかたも多いでしょうが、開業医は別として勤務医師などでは年収2,000万円はなかなか届かないようです。

弁護士や公認会計士はさらに想像より低く、40代を超えて1,000万円にやっと到達といった感じですからちょっと想像と違ったのではないでしょうか。

ちなみに毎月21日に30~40代の高所得者層をターゲットに、グルメ・ライフスタイル情報などを提供している情報誌東京カレンダーが、そのようなアッパー層と呼ばれるハイスペック男性を中心にブランディングし「東カレデート」と称したマッチングアプリを展開しており会員の質の高さが話題となっております。

参考記事
​​​​​​​【東カレデートアプリ女性体験談】審査・内容・出会いまでの全貌!

まとめ

累進課税により年収2,000万円のかたの手取りが約1,250万円であることに対し、どう思われたかは人それぞれでしょうが、そもそもその年収2,000万円を手にしている男性というものの希少価値が理解いただけたのではないでしょうか。

その希少価値の男性の職業を記しましたが、その年収を手にするだけの大変重くのしかかる責任と多忙な毎日で日々時間で管理されるような職種であることも想像ができます。

たとえば婚活女性が群がると記しましたが、そのような高収入を得れる職種の男性は、上記のような環境のもと多忙さゆえに意外と遊んでなく得ている収入をムダに浪費するかたも少ない傾向ですので、結局は婚活女子のもっとも求めるターゲットであることに間違いありません。





MENU

結婚相談所
マッチングアプリ特集
婚活サイト特集
20代男性の婚活特集
20代女性の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の婚活・恋活特集
30代後半40代の婚活特集
30代後半と40代女性の婚活特集
婚活男性の基礎編
婚活女性の基礎編