Original

アラサー男性婚活の現実!焦りと必死さという呪縛からの脱出方法!

アラサー男性にて彼女がいない独身のあなた! 「やばい!」と焦っていませんか?

女性とは真逆で男性は年齢がある程度いった方がモテると聞きますよね。ところがアラサー男性の婚活をしている多くのかたから「現実は厳しい!」という声を耳にします。

本当に厳しいのでしょうか?


こちらの記事は管理人の美喜(美喜のプロフィール)が、完全女性目線にてアラサー男性の婚活における現実を解説いたします。

アラサー男性の婚活の現実は本当に厳しいのか!?

アラサー男性のみなさん、活動に対し一度立ち止まり、客観的にご自身を分析されてみてください。

アラサー男性の平均初婚年齢を見ると!?

平均初婚年齢の年次推移グラフ

引用元:内閣府 厚生労働省「人口動態統計」

上記のグラフを見ていただくと一目瞭然ですが、平均初婚年齢は男女ともに年を追うごとに高齢化しており、男性の平均年齢は2015年において31.1歳

5年ごとに公表される2020年には更に上昇されると推測されます。まさに男性の平均年齢はアラサーのど真ん中から上であり、年齢的な面だけでみるとアラサー男性であるという理由だけでは婚活の現実が厳しいとは決して言えないこととなります。

平均初婚年齢は恋愛結婚やお見合いなど総じての平均値であり、婚活をしているアラサー男性だけにスポットを当てるとどうか?は把握ができかねますが、婚活の現実が厳しいという理由を年齢的に「アラサー男性だから」とするにはムリがあるでしょう。

つまりアラサー男性の中には、苦労もなくうまくいかれるかたもいれば、苦労してもうまくいかず年齢のせいにするかたもいるのではないでしょうか。

アラサー男性の婚活の現実においてニーズはMAX!活動されているかた次第?

わたしの個人的な意見としましても、厚労省のグラフどうりアラサー男性は婚活市場にもっともニーズのある年代であると思いますし、実際にそうでしょう。

とはいえアラサー男性の婚活に対し、「何人と会おうが断られる」「何人と会おうが続かない」「まったく相手にされない」などといったかたがたにとりましては深刻な悩みであるのも現実であり、そのような方々が今後も前向きになれないと、少子化などの歯止めなどかかるはずもない重要な問題であると思います。

そこでうまくいかない現実の理由を深堀りしてみます。

アラサー男性の婚活においてうまくいかない現実。5つの理由や特徴とは!?

わたしは結婚相談所でのカウンセラーをしておりますので、会員の方も含め、ニーズはありながらもうまくいかないアラサー男性の理由や特徴をあげてみます。

  1. 理想が高すぎる

  2. 実は今すぐ結婚したいと本心から思っていない

  3. 自信がない

  4. 素直になれない

  5. 自分に合っていないサービスの利用

1.理想が高すぎる

アラサーともなりますと、多くの条件が頭をかけめぐる年齢です。とくに男性はルックスと若さを求めます。

婚活をおこなうと普段の日常ではありえない多くのかたと出会えることが、ますます理想を高めてしまう要因となり、次はもっと次はもっと・・・と一人づつのかたを軽視し、最終的には「あの方へもっと本気になっておけば・・・」という後悔に。

とくに過去に一度でもモテ期を経験されたかたに多く見受けられる傾向であり、ズルズルとそれが続きますと、まったくお声のかからない年齢となってやっと気づいた頃には時すでに遅し。

2.実は今すぐ結婚したいと本心から思っていない

アラサー男性は、年齢的に親の干渉からものがれ、金銭的にも少しの余裕が生まれてくる頃です。「周りが結婚するから焦る」「年齢的にそろそろヤバいかな?」と心の中では思い婚活をしながらも今の自由気ままなライフスタイルを維持したいほうが勝っている。

実際にこのようなかたは多くいらっしゃいます。本心では、自由気ままなライフスタイルの維持以上に夢中にしてくれるかたが現れると信じてますが、そもそも今本気で結婚したいという気持ちがなければお相手もその心中を察して逃げるでしょう。

女性からしてみると男性のようには年齢に余裕がありません。

つまり何を考えて活動しているかわからないかたにズルズルと費やす時間はありません

3.自信がない

婚活ともなると女性はルックスと条件をどちらも重視します。

「ルックスに自信がない」「条件に自信がない」のダブルパンチのかたであろうがズバッと言わせていただきます。そもそも自信がなさげな男性と女性が結婚を想像できると思われますか?

4.素直になれない

30年近くも人生を過ごしてくると、ある程度自身の思考回路は固まってきてしまい、頑固さが身についてしまいがちです。

つまり人からのアドバイスなどあなたにとってよいことであっても、素直に受け入れなられないことがありがちです。

何事も吸収する気持ちがなくなった時点で人間の心の成長は止まります。つまり男としての最大の武器である器の大きさが広がるどころか、頑固な性格において縮まっていくでしょう。

5.自分に合っていないサービスの利用

スマホで文字を打つことが苦手であるのに、婚活サイトやマッチングアプリで活動をされても苦になるだけではないでしょうか。

また人見知りがはげしく初対面のかたと話すのが苦手なかたが婚活パーティーなどへ参加されても苦になるだけではないでしょうか。

婚活にかぎった話ではありませんが、気持ちのなかで苦痛であることは続きませんし、うまくいきません。

アラサー男性の婚活においてうまくいかない現実への5つの対策とは!?

うまくいかない現実に直面されたならば、上に記しました理由や特徴を一度受け止めて逆の思考や行動をおこなうべきではないでしょうか。そのことが対策となります。

うまくいかない理由や特徴を逆にすると以下となります。

  1. 現実的に考え行動

  2. 本気で結婚したくなってからの婚活開始

  3. 自信をもつ

  4. 素直になる

  5. 自身に合った活動

1.現実的に考え行動

アラサーという年齢を直視し、現実的な思考になってみては如何でしょうか。

若くてキレイな女性をつかまえたい気持ちは理解できます。とはいえ結婚と遊びとを区別して一度考えられて見てはいかがでしょうか。

婚活とは結婚という一生をともにする相手探しの場所です。一緒の屋根の下で長い期間一生をともにするうえで、優先順位はご自身に合った性格の持ち主ではないでしょうか。

そうするとご自身に合った性格で若くてキレイな女性と思われるでしょう。そのかたもあなたと一緒に年齢を重ね、オバサンになっていきます。

子供が生まれるた後などは、多くの男性が妻を女として見られないと言います。これ以上言ってもキリがありませんので終わりますが、人生のパートナーとしてあなたを幸せにしてくれる優先順位は間違いなくあなたにに合った性格の持ち主の女性です。

参考記事:理想が高い男性が婚活してもムリ!?

2.本気で結婚したくなってからの婚活開始

そろそろ年齢的に婚活をしなければ!という衝動に駆られ活動されているかたも多いです。

もし今、理想の相手があらわれたら、すぐに今のひとり身の自由なライフスタイルを投げ捨ててプロポーズする気はありますか?

YESとなってから婚活を始めましょう。

またアラサーという年齢は世間一般的にはまだ若い男性であると思われます。ただしいざ結婚のことを前提にすると本当にそうでしょうか?

厚生労働省の研究期間である国立社会保障・人口問題研究所の調査では、「出会ってから結婚までの平均交際期間」は平均約4.3年(4年3ヵ月)という結果を公表しております。

この数値を今のあなたの年齢にプラスした際に、どう思えるかです。

補助記事:生涯独身男性の割合や寿命と恐ろしい末路のまとめ

3.自信をもつ

「うまくいかないのは自分に魅力がないからだ」と考えられる男性は大変立派です。婚活をおこなってもまったくうまくいかない理由を環境のせいにするかたも多くいらっしゃいます。

たとえば「システムが悪い」「ロクな会員がいない」「申し込みはオバサンばかり」など。文句はいつでもいくらでも言えます。まずは多くの女性から魅力的だと思ってもらえるような自分磨きの努力は必須です。

ルックスに自信がない」「条件に自信がない」。たとえば自信をもてるために努力できることは何でしょうか?

逆に変えられないものは、学歴・身長・続柄・結婚後の相手家族同居・血液型くらいであり、その他は努力次第で可能であるものではありませんか?

極端な例をあげますと、年収であっても上げるために頑張ることや転職などで可能でしょう。ルックスなどでいえば、イケメンだけがモテるわけではありません。たとえばモテまくっているケンドーコバヤシさんはイケメンですか?ぽっちゃりしてお腹まで出ていますね。

またルックスはお洒落でも変えれます。顔がイマイチでも筋肉フェチは多いです。つまりあなたは自分磨きの努力はされてますか?ということを問いたいです。

参考記事:婚活のプロフィール作成男性編 女性に好感をもってもらえるには?

4.素直になる

信用のおけるかたからのアドバイスを素直に受け入れると、ご自身にとってプラス要因になることが多いので、ぜひ素直に耳を傾け取り入れれるような、柔軟な思考を持ち合わせることが大切でしょう。

実はわたしも頭の固い女でした。ところがあるかたに出会い、そのかたがわたしの思考を素直な考え方に変えてくれ、さらにそのかたのアドバイスを素直に受け入れるようになってから結婚へつながりました。

こちらは男性のかたにも捧げます。

参考記事:婚活支援サイト管理人:美喜のプロフィールと自身の婚活歴

5.自身に合った活動

活動をされるうえで自身に合ったサービスの選択がもっとも重要です。とくに以下の2点は絶対に避けるようにしましょう。うまくいくはずがありません。

  • 普段の生活において苦痛になるようなサービスを選択しない

  • サクラや業者などに泳がされるようなサービスは選択しない

裏を返せば、優良であり楽しんで活動できるサービスの選択が必須です。

参考記事:婚活サービスの選び方 失敗しない為の簡単チェック3項目!

アラサー男性は婚活市場においてもっとも需要があるという現実を逃すな!

アラサーという年齢層は女性も需要がありますが、アラサー男性は更に需要があります。

結婚相談所のカウンセラーをおこなっている私から言わせてもらうと、「アラサー男性の婚活の現実は厳しい」となると、いったいどの世代の婚活が厳しくないのでしょうか?と問いたくなります。

アラフォー男性>アラサー男性?そんなわけないですよね。では20代前半?普通その年齢で男性が婚活などしますか?するわけないですよね。アラサー男性の婚活が厳しいのであれば、男性の婚活全体が真っ暗であり成婚者など出るはずもありません。

「アラサー男性の婚活の現実は厳しい」と書き込みされる方は、「アラサー男性である自分の婚活の現実は厳しい」と書き直されると同時に、ご自身がなぜうまくいかないか?を考えられるべきではないでしょうか。

そこまでいえるほど、アラサー男性の婚活は男性婚活市場全体でもっとも需要がありますので、わけのわからない情報に惑わされず自信をもって活動されてください。

若い子を狙うなら焦らずとも急げ!

うえで説明したとうり、アラサー男性は婚活市場でもっとも需要があるので焦らなくてもよいです。

ただしあなたが絶対条件として20代の女性、さらにできれば20代前半の女性、もしくは年齢問わず見た目の綺麗なかたや可愛いかたと結婚したいならば、アラサーという年齢である現在の婚活をリミットであると思い大切にし真剣に活動をするべきです。

20代の女性はまだまだ選べる立場にありますので、結構な年上の男性をわざわざ選ぶことは稀でしょうから。

キレイもしくは可愛くて家庭的で優しい女性がいいと思っていても、そのような女性は他の男性も絶対に放ってはおきません。モテるのでもうすでに他の男性とくっついてる場合が多いです。

ですので35歳くらいになると更に大変難しくなるのと同時に、アラサーの域を超えると婚活をする体力も気力も少しづつ失っていきます。仕事も責任あるポジションに付くようになると、婚活の時間もなくなってしまいがちで面倒とすら感じるようにも。

ですので、アラサーである今のうちに真剣に婚活されることが得策です。

アラサー独身男女の収入や仕事の価値観の違いという現実!

わたしの担当している会員の男性にもいますが、最近は男性の理想として「仕事を持っていて、生活費用を男性のお給料だけに依存しない女性」というのがあるようですね。

最近は男女雇用機会均等法など女性の社会進出は過去に比べ目をみはるものがあり、このような社会情勢が男性に対しそのような身勝手な発想を生ませているのが現実です。

理想は心の中にしまっておき、女性にそのようなことを口走ってしまうと絶対にモテませんよ。

仕事を続けたい女性が多いのは事実ですが、これは裏を返せば「お前も生活費を稼いで来いよ」と言ってるようなものです。結婚した後に仕事や家庭の事情で相談しながらそうなるケースはよいとは思いますが、これを出会いの場で理想として掲げてしまうとドン引きされるのがオチでしょう。

草食系男子・肉食系女子が多くなっていると言っても、やっぱり女性は男性にはしっかり稼いできて欲しいと思っています。

高収入でなければいけないということではなく、姿勢の問題です。少しでもそういった姿勢が見えると女性はアラフォーあたりの「俺に付いてこい!」系の経済力のあるかたにかっさらわれて終了となってしまいます。女性はそのあたりゲンキンですから。

身だしなみは最低条件である!

アラサーの男性は、仕事も収入も気持ちも安定し始めてきているので、彼女がいないのであれば婚活をするにはベストタイミングでしょう。

アラサーで婚活をしていて、頑張っているのに彼女すらできない!って人いませんか?それはあなたが女性に嫌われてしまう男性なのです。今一度自分にダメなところが無いかを再確認しないといけません。「俺は結婚ができないのではなく、結婚しないんだ!」などと言ってる場合ではありません。その発言はイタいだけです。

婚活パーティーなどに参加すると綺麗な女の人に男性は群がるでしょうし、男性は爽やかさとステータスがあれば女性が寄ってきます。

ただしアラサー男性の年齢層であると若い女性をターゲットにされるでしょうが、若い女性は相手のルックスも重要となってくるのです。ここでいうルックスですが、イケメンであるに越したことはありませんが、まずは清潔感と爽やかさが最低条件ですので、身だしなみなどは必ずチェックされてください。

身だしなみ最低条件10項目

  • 髪型は今風ですか?
  • 服装にほころびやシワはありませんか?
  • 服装の着こなしは今風ですか?
  • 眉は整えられておりますか?
  • 鼻毛が出てませんか?
  • 髭のケアは万全ですか?
  • 口臭予防は万全ですか?
  • 体臭予防は万全ですか?
  • 爪は短く切りそろえられてますか?
  • 靴のお手入れは万全ですか?

女性は男性以上に細かいところまで見ているものです。上記は最低限すべてチェックされていて当たり前の事項と思われてください。

また下記で記す、焦りや必死さがお相手の感情に悪影響を与えていませんか?

アラサー男性の婚活において焦りがみえるかたに多い現実とは!?

女性とは違い、もっとどっしりと構えて活動すればよいと思うのですが、まぜか焦りながら活動をおこなってしまい、それが自身の魅力を半減させるかたが多くいらっしゃいます。

アラサー男性で結婚に焦っている方で多い4つの代表例

1.頭髪が薄くなってきたと感じている方

頭髪の薄さは老け顔に直結しますので不利であることは事実ですが、今や育毛剤など効果が認められているような商品はたくさん世にでておりますので、多少なりとも努力は不可欠です。

2.今までモテ期という経験がまったくない方

たしかに不安となりますよね。もし金銭面に余裕があれば結婚相談所での活動を考えてみられては如何でしょうか?担当カウンセラーがあなたの悪い部分を教えてくれ、よい部分を引き出してくれるでしょう。

参考記事:結婚相談所の比較ランキング体験版!各項目別の根拠を示した6選!

3.結婚したいが今の年収では家庭をもてない

たしかに年収の低さは婚活において不利にはたらくケースが多いかもしれません。しかしお金のことだけを考えて女性も婚活しているわけではありませんよ。

年収の低さがご自身の婚活のモチベーションを下げる原因であるならば、アラサーという年齢であれば、転職も視野に入れて活動されみられてはいかがでしょうか?

4.借金を背負っており、結婚をしたいがバレたくない方

その借金を抱えたまま婚活することは、真剣に婚活をおこなっている女性に対し失礼にあたります。まずは婚活は休止し全力で借金をなくすほうが先でしょう。

一般的に男性はアラフォーから結婚への焦りが出てくるのがほとんどのようですね。とはいっても周りの結婚が早い友人が多い人の場合、アラサーであれきっと焦りはあるでしょう。

男性はある程度の収入があれば、年齢がいっても選べる立場にあります。しかし将来的に高収入になる可能性がゼロに近い職業である自覚のあるかたは、アラサーであろうが焦る必要があることとなるでしょう。

と言いますのも、アラフォーくらいの年齢で収入が少ないと婚活においては致命傷となるからです。そもそも現在の職業を見なおすほうが先決かもしれませんね。アラサー男性の場合、32歳くらいまでであれば同年代の女性から求められる年収はさほど高くないのでそこは安心してください。

女性と比べると男性は、出産のリミットがないので焦る必要はありませんが、年齢が蓄積されればされるほど年収を代表例に女性から求められる条件が高まっていきますので、それなりに結婚への準備(とくに今の仕事で大丈夫?)をしておいたほうがよいでしょう。

アラサー男性の必死な婚活はNG!

男女ともにアラサーになると、パートナーのいない方は第一次婚活ブームに火が付き必死となります。

理由はどうあれ必死になってものごとをおこなうということ自体は素晴らしい姿勢なはずですが、恋愛や婚活となるとマイナスとなるケースが多いのが厄介な部分です。

焦りからくる必死さは本来もっている魅力をかき消す

そもそもなぜ必死になるのでしょうか?

それは焦っているからですよね。焦りから出る必死さは本来の自身の魅力をかき消してしまうので注意されてください。

繰り返しお伝えします。アラサー独身男性は需要がありますので急いで婚活はすべきですが、焦る必要はありません。急いでというのは、アラサーを超えると歳を増すごとに需要が目減りしていき、本気で焦りがでてくるからです。

焦りのない余裕が魅力を数倍引き上げる!

ここ最近不倫問題がやたらとマスコミを賑わせております。旦那さんや奥さんのいる人なんて相手にしなきゃいいのにと思われませんか?

また若いころからもそうですが、パートナーがすでにいる方ってモテたりしますよね。これは、焦りとは真逆の余裕というオーラがその方の魅力を数倍引き上げているからです。

焦りからくる必死さに関してはアラフォーの方々は大変苦労されております。ですので将来をともにする結婚というものが目的であるがゆえに、とくにパートナーのいないアラサー男性の方は、焦りからくる必死さが出てしまう年齢になる前に余裕をもって活動できる計画を設計してください。

まとめ

現実的にアラサー男性といえば結婚適齢期ど真ん中です。しかしまだまだ遊びたいと思う男性もたくさんいるでしょう。でもそれは40代になっても50代になっても思ってる人はたくさんいます。そのせいで生涯独身になってしまう確率がますます上昇傾向です。

ですので本気で活動されるのは適齢期の今がベストなのではないでしょうか?35歳をすぎると婚活はうまくいかない確率が高いのです。必死に妥協に妥協を重ねて婚活しろ!とまでは言いませんが、結婚への意識が大切です。

理想の女性に出会ったはいいけど、オクテだし女性経験があまりないので自信がない、という方でも積極的に動く必要があります。積極的な女性もいますが、やはり男性から動いてくれる方が女性は嬉しいものです。

それと一度会ってタイプじゃないなぁと思ったとしても、女性は化粧や服装で化けるのでそれも頭に入れておいてくださいね。

よほど話が合わないとか、価値観が合わないなどの場合は他を探してみましょう。理想を高くもつのは自由ですが、自身がどれほどのスペックがあるかなど自覚をもつことが大切です。婚活におけるスペックとは年齢・ルックス・職業・収入だけではなく、あなたの包容力や思い遣り・優しさなどの魅力も加わります。そして自分磨きを忘れないでください。

もっと年齢がいけば求められる年収も高くなっていきます。早めに家庭を持った方が何かとメリットがあるのは間違いありません。35歳をすぎると婚活するにしても結婚するにしても何かとお金がかかります。まだいいかぁと思っている間に時間はどんどん過ぎていくこと、そして市場価値が下がっていくことを理解しておいてくださいね。

こちらの記事をご覧いただいた皆様に幸あれ! コンレク管理人:美喜

MENU

結婚相談所
マッチングアプリ特集
婚活サイト特集
20代男性の婚活特集
20代女性の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の婚活・恋活特集
30代後半40代の婚活特集
30代後半と40代女性の婚活特集
婚活男性の基礎編
婚活女性の基礎編