Original

コンレク副管理人:佳紀のプロフィールと自身の婚活歴


佳紀のプロフィール及び婚活経歴

コンレク副管理人:佳紀(よしき:管理人である美喜の旦那です)

皆さん、はじめまして!当サイトにお越しいただきまして誠にありがとうございます。

私自身、長年の婚活を経て結婚相談所にて縁あって当サイト管理人の美喜と出会い、結婚にいたりました。

成婚後に管理人美喜が婚活の担当カウンセラーになると同時に、もともと将来的に実家の稼業(個人商店)を継ぐ予定もあり私も手伝いで脱サラし、同じく婚活カウンセラーに。

約3年弱務めるも、父親の体調不良により即家業を継ぐためにカウンセラーをやめる事になり、現在実家で蒟蒻(コンニャク)製造業を営みながら、妻である美喜のこの婚活支援サイトに周りの友人の意見もふくめ男性目線の意見を執筆。

実は、管理人の美喜など寄せつけないくらいの婚活経験の持ち主

お互いに長年つきあってきた婚活というものの経験から、少しでも婚活を検討中もしくは実際に活動されている皆様の目的達成への手助けになれると嬉しく思います。


まずは私のプロフィールを記述いたします。

現在のお仕事
個人商店を運営
容姿
モテた記憶があまりないので並み以下
身長
168cm
体重
65kg
続柄
長男(姉が一人)
趣味
野球観戦、映画、音楽鑑賞 ※時間のある時に、妻である美喜の
この婚活支援サイトに周りの友人の意見もふくめ男性目線の意見
を執筆。
婚活当時のスペック
中堅企業サラリーマン、460万円程度


そして長い婚活記録を記述いたします。(TOTAL婚活年数8年※休会やインターバルを入れると実質4年くらい?)

はじめての婚活
30代半ばで会社の同僚と初めて婚活パーティーに何度か行く
それ以降の婚活
婚活パーティーおよび婚活サイト・婚活アプリ
本格的な婚活
34歳の前半に結婚相談所入会からスタート
ゴールイン
42歳で現在の妻と成婚


佳紀の過去に利用したサービス一覧を記述いたします。

お見合いパーティー
記憶では20回以上
婚活パーティー
結婚相談所主催を10回程度
婚活バー
1回
街コン
3回
自治体の婚活イベント
1回
婚活バスツアー
2回
婚活サイト・婚活アプリ
2社経験
結婚相談所
3社入会


婚活サービス利用で出会えたかたがたを記述いたします。

お見合いパーティー・婚活パーティー
覚えていない
婚活サイト・婚活アプリ
5~6人
お見合い回数
約30人くらい
お見合いの中で二度目のデートに至った人数
8人程度
お付き合いまで進展した方の人数
4人(現在の妻含む)※3社目の結婚相談所にて42歳で現在の妻と成婚

30代半ばからの婚活スタートは試練の連続であった!

私の婚活スタートは34歳の時。思えば、焦ってなんとなくスタートした婚活というものが、こんなにも奥が深くつきあいのながいものになるとは予想もしませんでした。

婚活へのきっかけとは!?

32歳で6年付き合っていた彼女にフラれてあとを引きづりました。遺伝?頭髪が薄くなってきた事に焦りを感じていたことと、普段の職場や生活において女性との出会いがまったくないことに対し、両親への親不孝感情も引き金となり2年後の34歳で婚活をスタートさせる

はじめての婚活から本気になるまでの道のり

まずは会社の同僚とお見合いパーティー(婚活パーティー)へはじめて行ったのがきっかけ。

その同僚とはウマも息もあっていて、お見合いパーティー(婚活パーティー)へ行くとなんらかの女性と連絡交換ができたり、そのまま友人と相手の友人も含め4人で飲み行ったりと、お手柄はありました。

意外とかんたん?と味をしめ何度も通いつめるも、結局恋愛に発展していないことに焦りを感じました。そしてお見合いパーティーに行かなくなった理由の最大の要因が、サクラの存在を知ったこと。

同じ運営者が主催するパーティーに何度も足を運んでいたのですが、そこで出会った2人組と飲みに行った際に、その中の一人の女性がかなり酔っ払い勢いよく自分から2人ともサクラで参加であることを白状

その時には、私と友達は沈黙。もう一人の彼女は、「あんた何言いだしてんのよっ!」と焦って、我々に「冗談ですからね~(汗)」とフォローするもその友人の焦り具合と空気感で確信。けっきょく我々も笑いながらぶっちゃけ話の展開がはじまり、二人ともサクラであったことを白状。 それからは、メインに婚活サイトで活動をしました。

お見合いパーティー(婚活パーティー)のサクラの件があって以来、婚活サイトは運営会社にこだわり上場企業が運営するサービスのみに絞っておこない、ここでも何人の方とお会いし、おつきあいに発展するも結婚まではいたりませんでしたね。

その頃は、アラサーという言葉はとっくに過ぎ去り、アラフォーと呼ばれる世代に入った自分に「あきらめ」という感情が芽生えはじめていました。

ついに結婚相談所へ入会の決意!

「あきらめ」の感情から少し休憩をし、再度あきらめきれず結婚相談所の無料相談へ足を運んでみる。

結婚相談所というと暗いイメージやかたいイメージが浮かびまったく考えておりませんでしたが、今までありとあらゆるサービスを体験し、あきらめ気味の私は説明を受けた際に、「もうココしかない!」と思い結婚相談所へ入会。

結婚相談所というネーミングが悪いのではないでしょうか?いざ入ってみると暗いイメージやかたいイメージなどまったくなく、まさに「婚活当初から無料相談に来ていれば」と思える明るさと真剣さと効率のよさ。

その時は、それがある意味地獄の入り口であったなど想像もしておりません。

管理人の美喜も記しておりましたが、次から次へとお見合いが出来る → もっと会えばもっと素敵な方がいるのでは? → 一人ひとりとの出会いを軽視 → 気が付けば負の連鎖で結婚どころか恋愛にさえ発展しない。

最初は活発的に行動をしておりましたが、だんだんと面倒になっていき心も病んできて退会。

30代半ばからの婚活についに終止符!

退会 → 思い直して他の結婚相談所に入会 → 1社目のシステムの方が良かったと思い退会 → どうせなら経験していない結婚相談所へ!このようなことを繰り返しました。

お見合いパーティーから始まり、婚活サイトやその他ほぼすべての婚活サービスを体験し使った額は怖くて計算できません。

そんな8年間の中でも途中であきらめて「生涯独身宣言」と何度も心に決めようとするもあきらめきれず、疲れては休憩し再開の繰り返し。

最後の3社目である結婚相談所のシステムが自分に凄く合っていて入会して半年でゴールイン。7年半は何だったのだろうか?とも思いましたが、その遠回りの経験から多くの事を経験し学べた事が3社目の入会半年で成婚につながったとは思います。

その後は妻の担当カウンセラーの紹介で、結婚相談所の会員さんのカウンセラーまでさせていただく事になりました。

実家の都合で3年弱にて終わりましたが、そこでも会員さんの男女の出会いや婚活の実態、男女それぞれ多くの悩みの相談を受けてさまざまな経験ができたおかげで、考え方次第で婚活は有意義であり成婚の道は早いと今では思えます。

佳紀から婚活検討中や婚活中の皆様へ

上記につづった経緯から、私のように大きな費用を支払いながら遠回りされる方を出さぬよう、出来るだけ近道にナビゲーションするために当サイト管理人である美喜の依頼で男性目線が必要な記事を私の友人の意見も含め、心を込めて執筆させて頂きます。

まずはかんたんに、これだけは注意してほしいことを記します。

婚活最重要注意点

婚活サービスを利用される際は、HPの見た目や謳い文句に流されす運営元の企業内容をしっかり把握したうえで決められてください。

当サイトに掲載されている婚活サービスは、

  • 運営会社が上場企業もしくは上場企業の子会社
  • 管理人の美喜とそのスタッフ且つ私が実際に体験したサービス
  • セキュリティ面が確立されている

以上3点を条件とした婚活サービスしか掲載しませんのでご安心になられて参考にされてください。

婚活成功への近道とは!?

繰り返しますが、上記「30代半ばからの婚活に終止符」の項目で記した内容、最後の3社目の結婚相談所が自分に凄く合っていて入会して半年でゴールイン。

7年半は何だったのだろうか?とも思いましたが、その遠回りの経験から多くの事を経験し学べた事が3社目の入会半年で成婚につながったとは思います。

つまり遠回りしないためには、自身に合った婚活サービスの選択が大変重要です。

このサイトには管理人の美喜と私と知人スタッフにて、女性目線と男性目線をしっかりと分け、このサイトをご覧いただける方がいかに最短で結婚までたどり着けるか?をベースに表裏なく包み隠さず本音をぶつけて記していきたいと思います。

なにかのご縁でこのサイトに訪問された方々に幸あれ! 佳紀  

MENU

結婚相談所
マッチングアプリ特集
婚活サイト特集
20代男性の婚活特集
20代女性の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の恋活・婚活特集
20代後半30代前半の婚活・恋活特集
30代後半40代の婚活特集
30代後半と40代女性の婚活特集
婚活男性の基礎編
婚活女性の基礎編