婚活成功への近道

婚活の成功を全力で応援する! 婚活総合サイト

婚活における勘違い女は30代が圧倒的に多い!あなたは大丈夫!?

婚活を行うにおいて最大の敵が自身の勘違いであることをご存知でしょうか?

    • この記事では、副管理人の佳紀が男性の本音にて30代の前半女性と後半女性とを分けて3つの勘違いとそれぞれに対する対策を記します。

30代女性の市場価値の勘違い

いざ婚活を始めるとなると、なんらかの婚活サービスをご利用されることでしょう。

一言で30代の女性と言いましても30歳~39歳とい広い幅があり、30代前半と30代後半では恐ろしいほど市場価値に違いが生じます。

最近では、どのような婚活サービスもデータ化がされており、お相手の検索も条件を入力すればターゲットが絞れるようになっているのはご存知のとうり。

まず年齢の場合、男性側はどのように入力すると思われますか?

男性の年齢左記男性
ターゲット女性の年齢
30歳~35歳
23歳~28歳
36歳~40歳
28歳~33歳
41歳~45歳
30歳~35歳
46歳~50歳
33歳~37歳
51歳~60歳
37歳~45歳

30代後半女性のあなた

大変キツイ言い方をいたしますと、婚活において30代後半の女性年下男性もしくは同年代の男性に振り向いてもらえるという考えは大きな勘違いです。

余程の見た目の若さと美貌をお持ちでないとほぼ敬遠されます

たとえば婚活サイトや結婚相談所などの条件で検索する場合、間違いなくお申込みしてくれる男性は40代後半~50代の方でしょう。

また女性側からお申し込みをかける場合も、39歳以下にお申込みしてもまずOKのお返事はないと思われてください。

30代後半の女性は婚活サービスを利用し頑張れば同年代男性であってもなんとかなる!という勘違いを捨てて現実を直視されてください。

残念ながら同年代の男性をターゲットにしてもよいのは、余程の美貌の持ち主だけです。しかしその美貌がタレントレベルであれ、あなたを敬遠し30代前半の女性あわよくば20代女性にいくかもしれません。それほど男性は若い女性を好みます

では30代後半の女性は婚活市場において需要はないのか?

いえいえ、そんなことはありません。

需要をなくしているのはあなたの脳内であるという認識をもち、冷静に現実を直視されれば十分に需要はあります。

しかし多くの30代後半の女性は、年齢差の希望を+5歳までと絞っていたり、高めの年収を求めていたりします。

高めの年収を求めることは決して間違いではありませんが、そもそも年齢のターゲットを変えないと完全に空回りですよ!同年代の高年収なかたは30代前半あわよくば20代をターゲットとしますので。

とくに20代や30代前半において男性にチヤホヤされた経験がある女性は、いくつになっても過去のご自身を否定できず「まだまだイケるはず!」と勘違いされる傾向が強いです。思い当たるフシはありませんか?

30代後半女性の市場価値への対策

では現実を直視した場合の30代後半女性の得策はなんでしょうか?

ズバリ!40代後半から50代前半のスペックの高い男性をターゲットにすべし!ということです。

あなたが年齢を増すごとにそのターゲットさえいなくなり手遅れになりかねません。

また検索条件においても、37歳から38歳になった途端に1歳の違いでお申込みの数はグーンッと減りますし、お申込みをされても年齢でスルーされる確率もあがってしまいます。

男性は人間の本能的に自身の子孫を残したいという目標があります。ここ最近では、高齢出産も最近では珍しくもありませんが、男性側はやはり37歳くらいまでが無難と考えてしまうのです。

更に39歳から40歳になった際の市場価値の落ち込みは想像を超えるものがあります。

当サイトではこの言葉を何度も繰り返しますが、「過去に戻れないあなたの人生で一番若いのは今!」と再認識し、ご自身の市場価値に正面から向き合い、勘違いのない思考で活動されてください。

30代前半女性のあなた

30代前半女性であるあなたは、現在が婚活の市場価値において最盛期を超えたリミットであると思われてください。

今からひとつ歳を重ねる毎に、年齢検索から漏れてしまうと同時にあなたの市場価値は落ちていきます。

意外だと思われるでしょうが、恋愛してから結婚するまでの平均期間は約4年半※です。

※国立社会保障 人口問題研究所

このデータからも婚活サービスで出会いが多くあっても、本命の意中の方を早く見つけないと結婚は大変厳しくなっていく一方であるという再認識を!

決して周りの会員さんの年齢を見て、若いほうだから大丈夫という勘違いをされないでください。

30代前半女性の市場価値への対策

30代前半は、あなたの希望が叶う確率のある最終年齢です。対策としましては今すぐにでも出来る可能性をムダにしないよう日々意識されること。

残念ながらあなたの同年代の高スペック男性は完全に20代女性しか頭にありません。ただし、アラフォーターゲットでいけばスペックの高い男性でもまだイケるはずです。

30代女性の婚活サービス選択時の勘違い

今は婚活サービスの種類も大変多く、利用される際にも迷われるのではないでしょうか?

街コン・お見合いパーティー・婚活パーティー・婚活ツアー・婚活サイト・結婚情報サービス・結婚相談所など・・・。

もし30代女性のあなたが、婚活を本気で考えているならば、たとえば街コンやパーティーやツアーなどに参加するのはいただけません。

はっきり言いまして、それらのサービスは20代の女性が、結婚を延長線上に考えて参加する恋活というものです。

最近では、年齢ごとに設定された企画が多く開催されており、見せかたも巧妙ですのでいかにも本格的に感じます。実際は参加の敷居が低いため、妻子持ちが浮気相手探しで参加していたり、ヤリ目で参加していたりなど不謹慎な参加者が参加しているケースも普通にありえます。

30代の女性がそのようなお遊びに参加している場合ではありません。

対策として、30歳を超えた大人の男女がお互いに結婚を真剣に求め活動されるサービスを選択されてください。

婚活の調査となると婚活サイト結婚相談所などが、まさに真剣で効率のもっとも高い婚活となるわけです。キャリアウーマンのお忙しいあなたには、婚活サイトや結婚相談所はご自身の都合のよい時に都合のよい場所で活動ができますので大変便利でしょう。

しかし効率が良いというメリットにも「勘違い」という落とし穴があります。

30代前半女性の婚活サービス選択時の対策

婚活サイトと結婚相談所の違いをよく把握もしないで、価格の安さだけで婚活サイトに登録してしまう勘違いケース。それぞれの違いに関しては当サイトの記事 婚活サイトと結婚相談所の違いをズバリ解説! をご覧ください。

そこにも記しておりますが、婚活サイトの年齢層は25歳~33歳くらいが中心であり、結婚相談所の年齢層は25歳~45歳と幅広いのです。

30代前半のかたはまだ大丈夫でしょうが、33歳~34歳となると会員の中でもきっと年齢が上のほうでしょうから美貌に自信があるかたへはオススメしますが、そうでないなら大きな期待は避けるべきです。

30代後半女性の婚活サービス選択時の対策

そうなると婚活の最後の砦と呼ばれている結婚相談所がのこります。つまり30代後半の方は、婚活サイトを頭から排除しましょう。

はっきりいいまして、結婚相談所のシステムは高価であるがゆえにお見合い等もたくさんできたり、会員同士の婚活パーティーなど盛りだくさんで大変効率はよいです。

そのお見合いの相手や婚活パーティーでお話しする相手は、しっかりと公的証明書(独身証明書、年収証明書、身分証明書、卒業証明書など)を提出している安心安全な結婚を真剣に考えている相手であり、そもそも身分及びスペック(条件)をお互いが知り得たうえで結婚を前提にお会いする訳ですので、ウマが合えば話が早いのは確かですし、効率も大変良いと思います。

30代女性の活動自体の勘違い

結婚相談所で活動することですぐに相手が見つかると思ってしまう勘違いを解説します。

つまり効率の良さが、男女問わず参加者の思考を勘違いさせることにもなり得るのです。まさに私と当サイト管理人の美喜も、まんまとハマった勘違い(汗)。

多数の方とお会いしていくうちに、気になった方ができお相手も好意を抱いてくれても、次々にお見合が出来るが為に「もっと素敵な方が次に現れるかも?」と、勘違いをしてしまいます。

結局のところ、ひとりひとりの男性を軽視してしまい後で考えると「あの方ともっと深くおつきあいしておけば・・・」も後悔先に立たず。

それがたとえ勘違いではなく見えない未来に「もっと素敵な方が実際に現れたとしてもその方が自分に好意を抱いてくれるかどうかもわからないのに、都合よく考えてしまう勘違いなわけです。私も思いっきりそうでした。
落とし穴その勘違いがエスカレートしていくと、お見合いやその後の仮交際時が相手の欠点探しの時間となってしまっていくのです。それが繰り返され、一定期間が過ぎると何も得れなかった。

そしてそんな婚活に疲れたとなるケースはあるあるなんですよね。

30代女性の活動自体の勘違いへの対策

今までの人生において、恋愛に発展したシーンを思い出されてみてください。そもそも欠点探しから始まった恋などないはずですし、通常は良い面を好きになり、その気持ちが欠点を補い許せるとなったはずです。

婚活というのは逆の発想になりがちですので注意されてください。対策としましては、活動をあきらめず一期一会を大切にすべきのみ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 女性の30代前半と後半では市場価値が全く違う
  • 男性は女性が思っている以上に若さを求める
  • 20代の恋活もどきの婚活を選択している場合ではない
  • 30代半ば近くはもう婚活サイトもキツい
  • 結婚相談所に入会してもすぐに相手が見つかるわけではない
  • 「もっと素敵な方が次に現れるかも?」は否定はしないがエスカレートしないように
  • 後悔先に立たず

ネットを見ても「婚活勘違い女」には、あまりにも酷い言葉が散見されます。多くは、男性の腹いせの投稿に感じますのであまり過敏に考える必要はないと思いますが、あくまでも冷静にご自身の現実を直視し、「過去に戻れないあなたの人生で一番若いのは今!」を忘れることなく焦らず急いで活動されてください。

耳の痛くなるようなことばかり記しましたが、あくまでも多い傾向であって、人間十人十色ですのでもちろん年齢だけで選ぶような男性ばかりではありません。少なからず私はそうで、婚活時41歳の女性と結婚しました。

30代前半であろうが後半であろうが、人生の経験値から20代にはない大人の魅力が必ずあるはずです。

そのことを活かし今後の婚活が実られますことを切に願っております。

特集記事一覧

管理人:美喜のプロフィール

管理人:美喜のプロフィール

上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

副管理人:佳紀のプロフィール

副管理人:佳紀のプロフィール

上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!