婚活成功への近道

婚活の成功を全力で応援する! 婚活総合サイト

結婚相談所のお見合い後におけるデート回数及び仮交際期間の判断!

結婚相談所の活動としましては、

お見合い ⇒ 仮交際本交際成婚

という目標図式がありますが、誰しもが簡単にスムーズにいくものではありません。

この記事では、女性側が各段階ごとにお相手の男性をどう見極めていくか?を解説致します。

結婚相談所におけるお見合い後の仮交際中の期間

結婚相談所への登録には、お互いに多くの公的証明書を提出致しますので、お相手のプロフィールにおいての嘘や偽りはまずありません。

ですので、お見合いが成立する段階で条件はクリアされているわけですから、実際にお会いしてみてウマが合えばスムーズにいかれる方はトントン拍子です。

婚活を行う場合、効率面を考えると結婚相談所が群を抜いていると言えるでしょう。

しかし、結婚相談所に入会したからといえ、トントン拍子な方々は一握りであるという現実があります。

特に、基本的に女性はお見合い以降は受け身側ですので、仮交際中の判断は難しく感じられるのではないでしょうか?

まず、仮交際というものの定義を把握する必要があります。

結婚相談所によって多少の相違はありますが、仮交際というのはわかりやすく言えば「様子見段階且つキープ」という段階です。

お見合いを一度しただけとか、2度目にデートしてみた程度では当然誰でも「様子見」です。

ただし、上にあげた「キープ」という意味も含まれることを理解されてください。

「キープ」とは、「様子見」の段階ではお断りする理由も特に見つからないのでキープしておくというそのまんまの意味ですが、これが意外と活動において厄介なものなのです。

結婚相談所では、何人もの方とお見合いをおこないます。

例えば、5人の方とお見合いをし、3人の方にOKを出すと3人の方と仮交際という段階に入ります。

いわゆるキープ3人というわけです。

相手の3人の男性も同様な行動をしているとなると、相手もあなたを含めたキープ女性が3人おり、そのキープ女性も何人かのキープ男性がいたり・・・。

こうなってくると、ご自身では把握できない掛け算の世界が蜘蛛の巣のように出来上がってしまうということになり、多くの疑問点が出てきます。

そうはならない為にも、いちはやく本命を絞りその本命の方と本交際を進めていくことが大事になるわけです。

本交際になりますと、多くの結婚相談所ではWEB上などに交際マークが入り、他のお見合い行動は出来なくなるようになっております。

そこからが、お互い初めて真剣に向き合えるスタートラインであると思われますが、その過程の仮交際段階でのお悩みが大変多いのが特徴です。

お見合い後にお互いにOKをしてからその後、仮交際にて女性の方が抱く疑問として多くあげられるのが以下のポイントです。

  1. 仮交際中の場合、期間はどのくらいで判断すれば?
  2. 仮交際中の場合、何回くらい会った時点で判断すれば?
  3. お相手の考えが読めないので進展しない
  4. いい人だとは思うけど、なんか違う気がする・・・

まず1.と2.の回数と期間から考えていきましょう。

まず、仮交際の期間と回数はお互いのお仕事の状況などによると思われます。

職種による休日内容

(例)男性:美容師(火・金)女性:OL(土日祝)
(例)男性:会社員(土日祝)女性:百貨店勤務(平日に2日)
(例)男性:公務員(土日祝)女性:サービス業で夜遅い

このような組み合わせの場合、期間を定めてもなかなかお会い出来るタイミングの設定が難しくなります。

ですので、どのくらいの期間で判断すれば良いか?をはかる優先順位はお会いした回数とならざるおえません。

とはいえ、お互いの努力次第では3か月あれば4~5回はお会いできるでしょう。

逆に

(例)男性:会社員(土日祝)女性:OL(土日祝)

のケースの場合、ずばり回数での判断で良いと思います。

お互いの休日がピッタリ合うにも関わらず、お会いする回数に長い期間がかかる場合は、他の方ともたくさん会っていると簡単に判断ができます。

もちろん、それなりの言い訳はされてくるでしょうが、鵜呑みにされないほうが良いでしょう。

また、特にキープさんがいるわけではないのに、お会いする回数が増えない場合は、お相手があなたに会う事よりも自身の趣味や、やりたい事に優先順位を上にしています。

このような方は結婚に対しての真剣度に欠けますので、ズルズル時間だけ消耗される可能性がありますので、早めにさよならした方が良いです。

結局、回数や期間の判断はどうすれば?

その前に、もう一つ女性には知っておいてもらいたい事があります。

最初のお見合いで1時間から2時間程度お茶をされた際に、女性は「この方はないな!」と判断すればそれでさよならです。

ただし、「なくもないから、もう少し知りたい」という場合もOKを出されませんか?

ここの考え方が男性と女性に温度差があることも知っておいてください。

これは、私がアドバイザーを行っている際は、あえてそのような言い方をしませんでしたが、多くのアドバイザーさんは「二人が良い方向に!」という思いも込めてこう伝えます。

「〇〇さんは、是非あなたと次もお会いしたいと申しております。」と。

この時点で、男性はあなたが自分の事を気に入ってくれていると勘違いします

女性側からすると、一度会っただけではよくわからなかったからという理由でOKしただけなのにです。

理由は簡単で、逆に男性側は一度会っただけではよくわからなかったからという理由でOKする傾向が少ないのです。

この事を考えますと、女性側よりも男性側の方が早く判断をつけれるのが自然な流れとなります。

ですので、はっきり申し上げて回数にして5回、期間にして3か月で判断されてください。

3.お相手の考えが読めないので進展しない

5回お会いする、もしくは3か月経過してもなんら真剣な話に持ってこないとなると、相手の頭の中の考えは3つです。

  • あなたに対して踏みきれない
  • 他のキープさんと天秤にかけている
  • もっとお見合いをすればもっといい方に巡り合えるかも?

こう考えている男性を待っていると、本当にご自身の時間が無駄になります。

ずばり、もしあなたがその方を気に入っているのであれば、女性のあなたから相手に踏み込んで白黒させるべきです。

結婚を望んでいる者同士が集まり、女性からであろうがそれができるのが結婚相談所という場所です。

白黒させるあなたの相手への発言はまったくもってこの場では正しい発言です。

いい人だとは思うけど、なんか違う気がする・・・

自然に恋愛感情が芽生え、お互いに相思相愛というものが理想です。

婚活の場合は、出会って間が無い事や結婚の為の条件も加わりますので、若いころのような勢いでは中々進めません。

よくあるのが、

  • 4度ほどお会いした
  • 見た目も性格も昔通の男性
  • 優しいと思う
  • 気遣いが素晴らしい

だけど・・・

  • 今好き?と聞かれたら困る「無」の心理
  • 恋愛感情とは別物で考えるのが婚活?

このようなケースは多分にあります。

婚活とはいえ、恋愛感情をスパッとなくして割り切れるものではありません。

このような場合、まずお相手と手を繋いで歩くことを想像してみましょう。次に、キスを想像してみましょう。

その想像の中で、「無理」と感じたならば、それは生理的に受け付けないという判断を下して良いと思います。

想像は出来るが、「ドキドキ」「ワクワク」感がないような気がする。その場合は、生理的には受け付けれますので、今後恋愛感情の発展は起きえます。

ただし、4度もお会いして「違う気がする・・・」と感じた瞬間にもう相手を冷めた目で見られているため、次のお見合いにかけられた方が良いのではないでしょうか。

お見合いの仮交際が起こさせる勘違い

冒頭でもお話し致しましたが、結婚相談所のシステムは婚活には非常に効率の良いシステムです。

効率が良いゆえに、参加者を婚活における勘違い男や勘違い女にしてしまうというのもあるあるなのです。

女性に関して言えば、結婚相談所に20代で参加すればアイドル的存在にモテます、また、30代半ばまでであれば普通にモテます

30代後半~40代前半に関しては、モテるとはいかなくとも普段の生活と比較すると格段と男性と出会いの機会は増えるでしょう。

特に30代半ばまでの方は、普段の生活では考えられない程お申込みがたくさんきますので、それが続くとご自身の中に「勘違い女」が創られていきます。

その創られた「勘違い女」が、逆に結婚相談所に入ったがためにズルズルと結婚を遠ざけてしまうという現象もあるあるです。

勘違い女の末路

何に勘違いをしてしまうのか?

ズバリ!自分はモテる女であると勘違いしてしまうのです。

その勘違いが生む結婚を遠ざける理由。

  • 相手の男性の条件を吊り上げる
  • 真剣な交際まで至らない

相手の男性の条件を吊り上げる
とにかく「モテる女」と勘違いしている訳ですから、高条件志向が固まってしまい、本来のご縁がある方がダダ漏れ状態。

その勘違いから、思考も発言も男性から敬遠されるようなものに変わっている事に自分は気付かない。

真剣な交際まで至らない
「モテる女」と勘違いが固まると、お見合いをしても少し気に入らない点があると、また次に別の方と会えば良いからと即お断り。

お見合いで気に入った男性と出会っても、常に頭の中には「私はモテるから、この方以上の男性が今後また現れるのでは?」と、考えてしまい相手の欠点探ししかできなくなる。

上記のように、気に入った方が現れても最高でも2度か3度のデートで、すぐに発想は「また、もっと素敵な方とお見合いすればいいや」と、なってしまう。

実際に、このような状況で何年も結婚相談所に在籍し続け、気がついて見れば年齢も重ね、お見合い回数は減っていくという方はたくさんいらっしゃいます。

痛いスパイラルですね。

また、そのような方は最終的に自身の勘違いを悟り、過去を振り返った際に、あの時にお会いしたあの方が・・・と、後の祭りを後悔されます。

お見合いを続け出すとキリがありません

勘違い女はもってのほかですが、お見合い後におけるデート回数及び仮交際期間の判断としては、その都度デート回数にして5回期間にして3か月で判断という基準を設けて活動すれば、無駄を省けた本交際 ⇒ 成婚までの道は早いと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

  • お見合い後のOKには男女に温度差がある。
  • 仮交際とはお互いに「キープ」期間であることもお忘れなく。
  • お見合い後におけるデート回数は5回で判断。
  • お見合い後における仮交際期間の目安は3か月で判断。
  • 結婚相談所はお互いの目的が明確な為、男女関係なくハッキリ発言できる場所である。
  • 痛い勘違い女にならぬよう注意。

結婚相談所は、婚活サービスの中では効率の良さは群を抜いておりますが、その効率の良さに注意をしないと泥沼に陥ってしまう事も多々あります。

女性ですので仮交際においてはズルズルとした無駄な時間は作らないよう判断をできるだけ早めに下すこと、求めることがポイントであると思います。

管理人:美喜のプロフィール

管理人:美喜のプロフィール

上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

副管理人:佳紀のプロフィール

副管理人:佳紀のプロフィール

上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!