婚活成功への近道

現役婚活カウンセラーの管理人が成婚までの近道を示し全力で応援する! | 婚活総合支援サイト

結婚相談所で初めてのお見合いをしたアラサー女の体験談!

29歳の埼玉県在住の事務職OL、女性です。

人生初のお見合い(結婚相談所経由)を経験しましたので感想を綴ります。

結婚相談所への登録経緯

結婚相談所に登録したのが、お見合いに至る2か月前です。

結婚相談所に登録するまでには合コンや、同僚の学生時代の友人とか、知りあいの知り合い程度との飲み会を2~3週間に1度程度行っていました。

しかし、こちらはかなり前のめりで、結婚前提のお付き合いを出来る相手を探しているのに対し、相手側はただの飲み会のつもりでの参加(と感じました)。

全く結婚の意識がないような人もいて(ただの飲み会なので当然なのですが)、時間ばかりが過ぎていくのに焦りを感じていました。

これは、いよいよ婚活かな?と、お見合いパーティーなどへ出向くも合コン等となんら変わりないと感じ、姉がお見合い結婚をしているので相談。

姉の場合は、婚活サービスではなく知り合いの紹介的なものであり、そのお相手が姉の中でいきなりヒット!であったというものです。

ですので姉のアドバイスもいい加減でしたが、一つ頭に残った言葉がありました。

それが、「今、20代だとたくさんお見合いできるらしいよ!佳奈もあと1年だね。」という言葉。

結婚相談所への登録をその週には決意しました。

結婚相談所へ入会

しかし、結婚相談所は登録さえすれば良いというわけではもちろんなく、独身証明書やら住民票やらの公的証明書の準備が必要です。

また、学歴、職歴などを記載した身上書を作り、写真も取り直しました。

アドバイザーさんからは、プロに写真をとアドバイスされましたが、予算上の都合でとりあえずは、やめておきました。

成人式の写真を使おうともしていたのですが、最近ではそういった堅苦しいというか、時差があるもの(私の場合は成人式から9年たっているので図々しいといえば図々しいですよね・・・)ではなくて、普段の写真や、旅行などでの1枚を要求されました。

これは登録する結婚相談所によっても違うのでしょうが、普段の写真というのは意外とハードルが高いものだと思いました。

スマホで自撮りなどは良くしていても、それをそのまま渡すわけにはいきません。

さりげなく背景や周りの人も映っていて、普段の生活が少し垣間見えたほうが印象が良いというわけです。

しかし、自分の写真は嫌でしたが、相手側の写真を見ているとその人の背景も見えて面白かったですし、人となりが少しでもわかるので有意義だと感じました。

いざお見合い

姉の言ったことは本当で、こんな私にもたくさんのお申込みがありましたし、私がお申し込みをした中の方もOKをしてくれました。

まずは、自分がお申し込みをしてOKしてくれた気になっていた方とお見合いをすることになったわけです。

お見合い自体は初めてでしたが、周りでも両親や姉がお見合いで結婚していたので、流れはわかっていたのですが、いざ、お見合い日程が決まるとハラハラドキドキです。

相手の印象は、いわゆるスーツで決めたオミアイ写真ではなくて、動きのある普段の写真を見れていたので、全くの別人が来たな!?というほどではありませんでしたが、やはり写真とは少し違うなというのが第一印象でした。

写真では声や仕草がわからないのですが、そういった雰囲気みたいなものが気になるタイプなので、いくら写真が良くても(ダメでも)一目会ってみないとわからないものだと思いました。

お互いに身上書をちゃんと読んでいたので、会話の糸口にも困らず、好きなアニメやゲームの話で盛り上がれました。

最初の身上書にゲームが趣味と書くのは気が引けたのですが(両親には馬鹿なことを書くなと怒られました。)、結婚相談所の方が、なんでも嘘偽りなく書いてくれた方が、成功率が高いというので、割と素直に何でも書いてしまいました。

そして、相手の方も結婚したくてお見合いをしているのが前提のはずなので、下手な探りを入れておそるおそる会話をする必要もないので話しやすかったです。

そして、気になるだいたいのお給料や、お勤め先なども事前にわかっているので、万が一付き合ってから無職なの!?とか全然休みも生活時間帯も合わないじゃないですか!となる可能性が少ないので良いと思いました。

結婚相談所主催で、場所も指定の場所だったので、お見合いする側はただ用意して行くだけで良かったので、気楽なものでした

もう少し若ければ、お見合いのたびに理由をつけて洋服を新調できることなどを無邪気に喜べたかもしれません。

結婚相談所を通してのお見合いって本当に合理的で素晴らしいと思いました。

そして、これがもし親戚の○○さんとか、近所の○○さんの紹介でのお見合いだったとしたら、断るのにどうしようとか、お互いのこと以外にも考えることが沢山出てきてしまいます。

しかし、結婚相談所なら断られても次に頑張ろう!くらいの気持ちでいられてよいなと思いました。

もちろん、こちらから断る際も断られるさいも、最低限の礼儀というか、マナーはありますが、過剰な心配が不要でした。

両親や姉からお見合いの事は色々聞いておりましたが、聞いていた内容とは全く異なりました。

両親や姉は結婚相談所などのサービスを利用したわけではないので、当然のことと言えば当然です。

聞かされていたものよりも全く堅苦しさがなく、何人かと会う事も気軽に出来ます。

アドバイザーさんからも、30歳になってしまうと少し不利になるので1年以内に決めましょうね!と言われたとうり、1年あればなんとかなるだろうという手応えが掴めました

現在は、3人目の方と交際中です。

スポンサーリンク



管理人:美喜のプロフィール

管理人:美喜のプロフィール

上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

副管理人:佳紀のプロフィール

副管理人:佳紀のプロフィール

上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

婚活体験談募集

婚活体験談募集

上記イラストをクリックまたはタップで募集ページに!