婚活成功への近道

現役婚活カウンセラーの管理人が成婚までの近道を示し全力で応援する! | 婚活総合支援サイト

婚活に疲れた女性がとるべきアラサー・アラフォー対策5選!

婚活に疲れきった女性婚活に疲れたというかたは男女ともに実に多いです。私も婚活に真剣に取り組み6年間(休会時期含む)も婚活をおこないましたので痛いほどお気持ちを察します。

しかし婚活に疲れた時は、自身の活動自体を振り返るためのよいタイミングであり、そこからチャンスに進展するケースでもあり、まさに私がそうでした。

管理人:美喜

こちらの記事では、婚活ヘルパー管理人の美喜(プロフィール)が自身の6年間婚活中の疲れた時に、逆に発展に変えれた内容を解説します。

婚活に女性が疲れるのはあたり前!?

メイクする女性女性の婚活は男性の婚活と比較し、とくに見た目の印象が大事なのでプロフィールの作成から始まり、いざ会う際の髪型やメイクや洋服の選択など気をつかう面が多いでしょう。

それが毎回のことだと結構疲れますよね。そしてこれは男女共通ですが、何よりも活動していてもまったく結婚できないどころか、候補さえみつからない。これが最大の疲れの要因であるといえるでしょう。

そして疲れが徐々に蓄積され、あるときプツンと糸が切れたかのように「こんなにしんどい思いをするならもうやめてしまおう」と思ってしまうんですよね。しかし結婚はしたい。そんなふうに思ってるいのは決してあなただけではありません。婚活中である女性の7割以上の女性が婚活疲れを感じているのです。

まずは私や私の周りのカウンセラー同士でも頻繁に出てくる、婚活をおこなう女性会員様が疲れたとおもわれる中でも多い理由をあげていきます。自身にあてはまるものが多ければ多いほど疲れきってらっしゃると思われます。

婚活で疲れた女性の多いパターンの要因と対策5選

それでは私や私の周りのカウンセラー同士でも多いと言われている「婚活に疲れた女性」の多い理由対策5つを解説いたします。

1.出会いは多いが進展せず疲れた

デート中も仲は発展なし結婚を意識し婚活を始めてから、多くの男性と出会えてはいるものの、まったく結婚に向けて進展しないという繰り返しが続くと疲れますよね。

【1の対策】
このケースの場合の対策としまして大切なことが、お相手の男性や周りの環境に対しての疲れも理解できるのですが、まず自分自身が本当に今現在、結婚をされたいと心の底から思われていらっしゃるか?問いただすことです。

このケースの場合の女性に多いのが、たとえば年齢的にも「ゆくゆくは結婚したい」とか「いい人がいれば」という思考のレベルの方が目立ちます。もしそうであれば利用されている婚活サービスを見なおすよい機会かもしれません。たとえば婚活という名のつくものよりも、恋活と名のつくものに変更されるだけで出会う男性の種類はまったく変化します。

ただしこの対策は20代もしくはアラサーのかたであり、33歳以上のかたの場合そんな時間はありませんのでこれはあてはまらないでしょう。

進展しなくとも多く出会えるというだけで、あなたは会うことさえできなく疲れたという女性よりも大変に恵まれていますし、今後ご縁がある確率は非常に高いと思われますので一度疲れを癒すためにインターバルをおき、本気になれると思った際に再スタートが望ましいです。その際には心機一転、利用するサービスも変えてみると違う世界が見えたりとよい効果があったりします。

参考記事:評判のよい婚活サイトを厳選した比較ランキング!

2.毎回新しい人との対面で神経疲れ

男性に神経を使う女性婚活で疲れたという女性の中で、このケースも非常に多いです。私も婚活中にいざ会うという当日に足が重くなることがよくありました。

【2の対策】
対策としては2点。

1点目:2ヵ月くらい婚活にいっさいたずさわらず休憩

神経的に疲れたときの婚活は、自身では知らぬうちに相手に対し負のオーラが出ており、なにもうまくいかないはず。

2点目:出会いの軽視傾向に注意

婚活されていると普段まったく出会いがなかった過去と違い、多くの男性と接する機会が訪れます。とくに結婚相談所などで多いのですが、多く接すれば接するほど「次に会う人はもっと素敵なかたかも」という根拠のない発想が脳に湧き出てきますので、次へ次へと一人ひとりの男性を軽視しがちになる傾向が多く見られます。

当サイトでも繰り返し出てきますが、「人生を後悔しないように日々一期一会を大切に!」と思考を変え、男性お一人とじっくり向き合われるのが大切ではないでしょうか。

3.出会いが多いのにタイプの人が現れない

タイプの男性と会えない私も長い間そうでしたが、なかなか王子様は現れませんよね。

【3の対策】
対策としましては、出会いが多いということはプロフィールの段階ではお会いしてみようと思ってらっしゃるわけですから、タイプというのは性格であると仮定します。性格のタイプが合わないというだけであれば、お会いしていくうちに必ずあなたと性格が合致するかたが現れるはず。疲れた時はインターバルをおいて再度開始して数をこなし、ガンガンお会いされてください。

実際にプロフィール写真とイメージが違うとか、容姿のほうのタイプのはなしですと、こちらは男女ともに多少なりとも出てくる問題です。何人かとお会いしていれば、男性の場合は写真のイメージのままという方も意外と多いと思います。これまた数こなせとなってしまいます。

しかし婚活サービスのなかには、データマッチングを中心にデータが合致して写真の掲載がないプロフィールを見たうえで、気になればお見合いというシステムもあるようです。もしそのようなサービスであり容姿においてのタイプがいないというパターンであれば、そんな非効率なサービスは今すぐにやめて他のサービスに乗り換えた方がよいでしょう。

4.よいと思う人に限ってお断りされる

いつもフラれる女性このケースで婚活に疲れたという女性会員様は、私や私の周りのカウンセラー同士でもとくに多いです。

【4の対策】
対策としましてお話ししますと、2点あげられます。耳が痛いかもしれませんが多くのケースがあなた自身の問題であると思われたほうがよいでしょう。

1点目:ターゲットは合ってますか?

あなたがよいと思われるお相手の男性は、ご自身のスペックを顧みた際に理想が高い部類に入っておりませんか?ということです。

つまり婚活をおこなうにおいて自身のスペックを顧みず、ターゲット層を間違えているということ。あなたがよいと思うターゲット層はあなたのスペックをターゲットとしていないパターンがこれです。(過去のわたしもそうでした)

たとえば35歳の女性が、年下にアプローチしてたまたまウマが合い実際に会う機会に恵まれ、話も盛り上がりました。しかしその男性は「やはり若い子がいい」となるのが自然であるということです。また同年齢の高収入者とそういった機会ができたが、同様。結局同年齢の35歳で高収入者であれば、20代後半でもイケるということであり、多くの男性が若い女性が好きということです。

2点目:態度が変わってませんか?

よいと思った瞬間に気持ちが高ぶるのは誰でもそうです。私もそうでした。上記のパターンで記しますと、高ぶらずいつもの落ち着いた大人の雰囲気でいれたら気に入られたかもしれません。

5.婚活していても会うまでにいたらない

「いいね」を女性がタップするイメージ頑張って婚活をおこなうも、まったく実際に会うまでもいけない。こちらは私も経験しておりますし、そんな悩みを解決する立場の仕事をしておりますので、はっきり記します。

【5の対策】
これまた対策としては2点です。

1点目:プロフィール写真を変更しましょう。

プロフィール欄を文字満載であらゆることを記しても、結局男性は写真で判断し文字など写真をクリアしてはじめて読みます。写真でアウトであれば1文字も読まずスルーされるのが現実なんです。

ご利用されているサービスによってどのような写真がよいかは説明しづらいですが、会えないというのは9割以上がプロフィール写真が原因と言っても過言ではありません。

参考記事:婚活女性の男ウケする写真のポイントと写真公開の必要性とは!?

2点目:婚活サービスの選択を間違えてませんか?

これは年齢や容姿でかわってきますが、たとえば34歳以上の女性やまったく容姿に自信がない女性が、婚活パーティーなどに出向いても出会いの確率は低いでしょう。

限られた時間内に大勢の女性がおり、ほとんどの男性は容姿のよい女性に向かいます。あなたがどんなにチャーミングな性格の持ち主であっても、限られた時間の中では誰にもあなたの素敵な面を気付かれません

対策としまして、私の婚活経験からも、思い当たるフシのある方は結婚相談所以外の選択肢はないと断言できます。理由は明確でプロフィール写真の掲載サポートはもらえますし、どんどん紹介もありお見合いがおこなえるからです。

ちなみに私もプロフィールをご覧いただければおわかりのように、婚活パーティーやら婚活サイトやら街コンやらたくさん試しましたが、最終的に結婚相談所で結婚相手が見つかりました。

参考記事:結婚相談所の比較ランキング体験版【各項目別】

婚活に疲れた女性 アラサー・アラフォー年代別の対策とは!?

婚活の活動内容において、とくに女性の場合はご自身の年齢というもので大きく活動が左右されます。若いにこしたことはありませんが、若さゆえに婚活というものに抵抗も感じるでしょうし、実際に婚活をおこなっている年齢は20歳~50歳と幅広いですが、その中でも多いのは28歳(アラサー)~38歳(アラフォー)くらいでしょう。

アラサー女性の婚活疲れ対策

アラサーと言えば婚活の勝負のときですね。恐らく男性からも言い寄られることも多い年代ではないでしょうか?(とくに20代のアラサー)婚活を行っている場合は、逆に言い寄られ過ぎて疲れたとなることも。

婚活は続けることが重要なのですが、もしどうしても疲れて気持ちも追いつかない場合は、一度休憩されてみてください。その間にしっかり自分自身を見つめなおし、もう一度お相手に求めるものなども考え直し、またやる気が出てきてから婚活を再開されれば大丈夫な年齢です。

結婚相談所や婚活サイトやアプリだけでの出会いに頼らず、何か趣味を作り、自然な出会いの場を広げてみたりしてみるのもまだまだOKな年代です。婚活は決してスピード勝負ではありませんので、本来の結婚したい理由などをじっくり考えてモチベーションが上がったところで婚活に臨みましょう。

アラフォー女性の婚活疲れ対策

アラフォーで婚活というとなかなか厳しい現実が待ってます。それは私自身がイヤというほど感じました。このような話を記すと余計に心も折れるし疲れてしまうかと思います。しかしアラフォー婚活の成功例って意外と多いのです。実際私も41歳で成婚しました。そうは言われてもと感じたかたは、素直な気持ちで読み進めてください。

もしあなたが今までの婚活で、何人かとデートしたけど長続きしないというケースが多いならばあなた自身に原因がある可能性があります。

アラフォーは男性からの需要が少ないといわれているので、アラフォー女性にはアラサー女性よりも焦りや必死さがあります。まず落ち着いた態度で婚活をしましょう。ガツガツしてるところが少しでも見えてしまうとNGです。

開き直った余裕が魅力を引き上げる

しかしこんな状態なのに落ち着いてられない!という女性もいるでしょう。あなたが必死なのは何故ですか?結婚をどうしてもしたい理由は何ですか?再度考えてみられてください。

ずっと独身でいることにもたくさんのメリットがあります。それもなんとなく頭に入れてみてはどうでしょうか?そうすると絶対に結婚しなくてはならない!とはならないので少し落ち着くかと思います。男女の関係に限らず、余裕のある人間は魅力が数倍増すと言われております。

ところでお手軽に始められる婚活アプリや婚活サイト、婚活パーティーなどで頑張られてませんか?そのようなサービスでうまくいくのはアラサーまでが限界ですし、そもそも疲れの原因となってしまいます。上記サービスを否定するわけでもありませんし、人によっては出会いのあるケースもあるかもしれません。しかし時間的にも確率的に考えてもアラフォー世代は男女共に結婚相談所の選択肢しかないと思われたほうがあなたのためです。

そしてお相手に求めるものにも「絶対条件数か条」などは求めないようにしましょう。何も求めてはいけないというわけではなく、それなりに妥協が絶対に必要です。お相手に期待をし過ぎてしまうことがこれまた疲れの原因となるのです。

そしてあなた自身を取り繕うのもよくありません。かなり疲れますよ。見た目はもちろん気合を入れる必要がありますが中身は自然体で婚活しましょう。婚活は基本的には長い目で見る可能性が高いです。ですのでストレスをためないよう意識し、婚活を絶対にあきらめず継続することが何よりも大切だと経験上わたしは思います。

まとめ

  • 婚活に疲れたら休む
  • 疲れたまま活動してもよいことはない
  • 休んでいる間、自身を振り返る(現時点の結婚への真剣度合・ターゲットは合っているか・利用サービスは最適か・一人ひとりとちゃんと向き合えるか)
  • 再開時は最適な婚活サービスに変えてみる
  • 余裕をもてるようコントロール
  • 絶対にあきらめず継続すれば縁はある

ご覧いただけ方へ幸あれ!
婚活ヘルパー管理人:美喜

結婚相談所の比較ランキング体験版【各項目別】

    管理人:美喜のプロフィール

    管理人:美喜のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    副管理人:佳紀のプロフィール

    副管理人:佳紀のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    婚活体験談募集

    婚活体験談募集

    上記イラストをクリックまたはタップで募集ページに!