婚活成功への近道

現役婚活カウンセラーの管理人が成婚までの近道を示し全力で応援する! | 婚活総合支援サイト

婚活女性におけるプロフィールや写真は最重要!男性ウケするには?

今回の記事では管理人の芳紀が、婚活女性のためにあなたの魅力を最大限に引き出すプロフィールの作成方法を男性目線にて包み隠さず解説致します。

婚活女性のプロフィールは写真が全て

婚活サイト・結婚相談所などを利用される場合、入り口であるプロフィールが全てです。

プロフィールを見た瞬間に一番に目が運ばれる場所が写真であり、これは男女変わらないでしょう。

婚活サイトや結婚相談所の種類によっては、写真掲載なしで実際にお会いするというケースもありますが、私は入会したこともありますが、あまりにも非効率なので短期間でやめました。

ここ最近では、ユーザーの効率を考え写真掲載をするサービスが増えております

特に男性は女性のプロフィールに対し、写真で判断する確率は98%といっても過言ではありません。

写真だけで判断し、色々と書かれているプロフィールを全く見もせず離脱するケースがほとんであると思われてください。

ですので、あなたの見た目の最大限の魅力を発揮できる写真を掲載することが活動のスタート地点にやっと立てるという事です。

たまに見かける【写真:非公開】というケースは、瞬間離脱されて終わります。

また、スマホで自撮りした自身の最高傑作!も自分から見た傑作であるという感情はなくし、必ず男性(複数)だけの意見を取り入れましょう。

自分+同性の意見は全くの無駄です。

何故ならば、ご自身の姿は自宅や勤務先の洗面台や化粧台の鏡やショウウィンドウに映る姿しか普段見えておりませんので、最大限の魅力に気付けないからです。

また、男女の見方は全く違います。

合コンなどでも、女性から見て可愛い・キレイと思って呼んだ友人に対し、男性は全く興味を示さない。

逆に、男性から「凄いイケメン」が来ると期待させられ、見てみると「え?」などのご経験もされてらっしゃるのではないでしょうか?

まずは、婚活というものは結婚相手を探す活動ということを再認識されてください。

結婚は、自身の長い人生の中でも3本の指に入るくらい大切なイベントです。

その大切なパートナーを探すという活動において、スマホの自撮りで自身の思う最高傑作だというレベルの写真をアップする時点で本気度が欠けております。

では、どうすれば良いのでしょうか?

「写真を明るく・・・」「笑顔を・・・」「お化粧・・・」などの、よく結婚相談所のマニュアルに書かれているような内容をここで記しても、この記事が読者の皆様に役立つとは思えないので、あえて省きます

まずは自身の見た目の長所を探す

管理人の私もそうですが、男は単純な生き物です。

写真に興味を示せば、相手にされるかどうかもわからないのに必死でプロフィールをじっくり見ます。

しかし、もったいないことに何故だかご自身の長所を活かせた写真が掲載されていないケースが多々あります。

  • スタイルが良いのに顔写真(又は上半身)のみを掲載。
  • 上半身ちょいぽちゃで、脚が細いのに顔写真(又は上半身)のみを掲載。
  • 谷間が造れるくらいの持ち主であるのに写真では全くそれがわからない。
  • お肌が色白でキレイなのに、露出度がゼロに近い洋服をチョイス。
  • 歯や歯並びがキレイであるのに、笑顔でもそれを見せれていない。

その他にもたくさんあります。非常にもったいないです。

私、ちょいぽちゃだから・・・」いえいえ、ぽっちゃり好きな男性はたくさんいます。

私、デカ女だから・・・」いえいえ、長身女性が好きな男性はたくさんいます。

どうせブサイクだし・・・」いえいえ、ブサイクな女性なんていません。

自身がブサイクであると思っている女性はたくさん結婚されてますし、そう思っているだけであって必ず魅力は持ち備えています。

まずは、長所を必ずプロフィール写真に活かすべきであると思います。

そして、必ずプロに撮ってもらうことです。特にご自身の長所がわからない方は必須!です。

最近では、メイクや髪のセットまで付いたフォトスタジオが出来てきております。

多少の出費ではありますが、プロフィール写真によって活動が180度良い方向に変わり、素敵なパートナーと巡り合える可能性が高まるのであれば、まずはここに予算をかけるべきでしょう。

ただし、写真を選ぶ際は必ず自身の意見は捨て、第三者の男性複数の意見が合致したものを選択すべきです。

また、最近ではフォトショップなどの写真加工技術が飛躍的に進歩しており、修正写真などが頻繁に使われていたりしますが、やり過ぎは自身の首を絞めることになりかねないですが、多少であればアリであると思います。

写真が良くても実際にお会いしてガッカリされない?

もしかしたら、ガッカリされるかもしれません。これは事実です。

しかし、自身が気になった方に写真を見られて瞬間離脱され、お会いすら出来ないのとどちらが良いでしょうか?

私の経験上、多少お写真と違って残念という感想があっても、お話していくうちにウマが合ったり、その方の魅力が感じられたりする事もありました。

また、完全にプロに撮られた写真でしたが、会うと実物の方が魅力的であった方も多いです。

実際に、私の嫁は写真にプロに撮られた写真であり、多少修正が加えられ、お会いした時に少し写真と違うことに残念(これは嫁にも話してます)でしたが、話すにつれて嫁の魅力に溶け込まれたって感じです。

嫁が自分のスマホの自撮り写真を載せたプロフィールを見て、私がお会いしたいと思ったかどうか?(多分、お会いしていない気がします)は今となってはよくわかりませんが、婚活においてはお会いしないことには何も始まりません

結局、婚活においては活動の上で気になる方とお会いできる確率をあげることが大事です。

男性が女性のプロフィールを見る場合において、98%もの比重がプロフィール写真におかれ、その判断で「ナシ」であると、プロフィールも見ず瞬間に離脱、「アリ」であると、そこから初めてプロフィールをじっくり見るということです。

婚活女性プロフィールの男性からの視点

プロフィールの写真を見て「アリ」と思えた男性が次に見る場所は?

婚活サービスの種類によりまして、項目は違えど基本的な必須項目は以下のとうりです。

  • 年齢
  • 出身地
  • 現在の居住地
  • 職業
  • 年収
  • 勤務地
  • 学歴
  • 続柄
  • 身長
  • 体重
  • 血液型
  • 婚歴
  • 資格
  • 結婚後の同居家族
  • 資産
  • お酒
  • たばこ
  • 趣味
  • 家族構成
  • お相手への許容条件
  • お相手への条件・希望
  • ご本人の自己PR

男女でプロフィールを重要視する箇所は異なる

まず、写真を見て「アリ」と思えた男性が次に見る場所の順番は、人それぞれ違いはありますが、上記のピンク枠であれば年齢身長体重現在の居住地職業あたり。

すぐ次に黄色枠のお相手への条件・希望で自身と照らし合わせ、ご本人の自己PRという順が多いです。

このように、写真で「アリ」であれば、極端に言えばその他の項目は女性ほどはさほど気にしません

しいて言えば、たばこを吸わない方はたばこを吸う人は無理でしょうし、お酒好きな方は少しは飲める相手がいいなというレベルです。

結局、プロフィール写真が最重要であり、次がお相手への条件・希望とご本人の自己PRということになります。

婚活は、実際にお会いしないと何も始まりませんので、お申し込みをする際、お申し込みをされる際(選択肢が広がります)、どちらにおいてもターゲット確率をあげる為に上記を中心に見直すことが大事です。

婚活女性プロフィールの書き方

ここでは、男性視点から見た好印象の書き方を解説致します。

希望条件は控えめに!

まず、第一にお相手への許容条件・条件・希望の欄などは、多く記せば記すだけ「お高くとまった女性」という嫌悪感を男性に与えてしまいます。

これだけは譲れないという条件のみに絞られてください。

  • 許容条件:(例)再婚者不可
  • 条件・希望: (例)人物本位

本音は、長男でない方、年収○○以上、公務員の方・・・などあっても、記すべきではありません。

希望してないお申し込みはたくさん来ても、良いことはあっても悪いことはありませんし、興味なければお断りでするだけですし、本音の希望の方にはご自身でお申込みされればよいだけです。

その際にお相手に好印象を与えるには上記の例の程度が無難です。

自己PRの自由欄に注力すべき

自己PRがあまりにもそっけないと、人間味が感じれず、本気度も薄く感じ、結婚相手としての想像ができず敬遠されます。

注力されて欲しいのが自己PRのような自由欄のご本人のメッセージです。

のちにお会いして相手を気に入った際に自分の首を絞めるだけのことですので、嘘で自分を飾ることをプロフィールに記しては絶対にあってはなりません。

しかし、嘘はつかず自分の魅力をお相手に感じてもらうことと、お相手との共通点が見つかる可能性のあることは必ず有利にはたらきます。

休日の過ごし方であるとか、趣味を語る際にも文章系でできるだけ幅を広げることが大事です。

(例)

私は明るく活動的で人とお話することが好きです。

休日はジムに通ったりして身体を動かしたり、逆に家でまったりも好きなので料理をしたり、趣味の映画鑑賞や音楽鑑賞などに浸っております。あっ、旅行も好きです。

気の合う素敵な方と出会いたいと思っております。

こんな私ですが、よろしくお願いします。

初めまして。私は学生時代から明るく活動的な性格と言われることが多いです。

人とお話しするのも聞くのも大好きでいつのまにか時間が経過していることが多々あります。

休日には、身体を動かすのが好きですのでジムに通ったり、自転車(ロードバイク)に乗ったりして好きなお洋服が可愛く着こなせるようせっせと頑張っております。ちなみにスポーツ観戦も大好きです。

とはいえ、逆に家でまったりも好きですので、読書したり、好きな映画や洋楽を見聞きしながら料理を作ったりもしております。

将来のパートナーと出会えたら、相手を尊重して大事にしたいと思いますし、お互いたくさんの会話で笑顔を絶やさず、辛いときや悲しいときもお互いに支えあえる関係が理想です。

また、年に一度は一緒に旅行にいけたらいいなと思います。明るい家庭を築きたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

同じような事を記しておりますが、下の方が男はグッときますし好印象です。

私の書く文章もたいがいですが、文章を書くスキルは上手い下手は関係ないと思います。

テクニックなど必要はありません。

とにもかくにも、明るい結婚生活をイメージしながら気持ちをたっぷり文章に込めて丁寧に書いてさえいれば、必ず相手に伝わります。

プロフィールに魅力を伝える書き方

プロフィール写真で自身の長所を探し魅力に変えると解説致しましたが、プロフィールにおいても魅力を伝えましょう。

単純な自己紹介の項目欄は事実を埋めるしかありませんが、自己PRや本人メッセージのような自由欄では、文章の書き方で魅力をアピールできます。

例えば

「若いころから唯一スタイルだけはよく褒められてきましたので、それだけは維持したくてフィットネスやヨガに必死で通っております。」

男性は私も含め単純ですので、唯一という謙虚さと、維持したくて頑張って通っているという内容が全く嫌味に聞こえず、スタイルが良いという印象だけがダイレクトに男の脳裏に焼きつきます。

「最近は女子力アップの為にお休みの日には自分磨きに力を入れてます」

このような文面だけでも男性は女性の魅力を引き出す努力をされているきっと素敵な方であると勝手な想像で好感をもてます。

※注意点:キレイであってくれる事は望んでも、それがお金のかかる女(エステ等)と解釈されてしまうと逆効果のケースもあるので書き方に注意されてください。

「昔から異性に対してウケは良いほうではあったのですが、現在の仕事柄全く出会いがなく・・・」

これまた、男は単純にモテる素敵な女性であると勝手に妄想を広げます。

ここまでご覧になっていただければ、実際に出会ってみれば考え方が変わるのですが、出会う前の段階の男性の考えは多くが容姿に重点を置くことがおわかりなったと思います。

とはいえ、男もそこまでバカではありませんので、身の丈を理解しており、芸能人やモデルさんのような容姿を求めているわけではありません。

男には無い、女性らしい容姿を求めているのです。

男性の想う女性らしい容姿というものは3点

優先順位は人それぞれ異なりますが、「女性特有の色気」「上品さ」「清楚さ」です。

色気と清楚は真反対のような気がしますが、清楚であり色気もあるという男のわがままです。スーツ姿の美人な女教師というイメージでご理解頂けますでしょうか?

婚活において自分磨きで女子力アップをお考えになられる場合、上記3点をインプットされてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

思いっきり男性目線で赤裸々に綴りました。

  • 婚活女性のプロフィールは写真が全て
  • 自身の長所を見つけ写真に取り入れる
  • 写真は複数男性の意見で合致したものを選択
  • 男性がプロフィールを見る視点は女性とは異なる
  • 希望条件は控えめに越したことはない
  • 自由欄は幅を広げ気持ちを込めて書く
  • 自由欄でもさりげなく魅力を伝える
  • 男性目線の女性らしい要素は「色気」「上品」「清楚」

ちなみに、私がアドバイザーをしていた時にプロフィール見直し(もちろん写真もチェンジ)をされただけで、お申し込みされる数が10倍になった方。

自身が申込みして、相手のOK率が格段と上昇した方。

このような方は本当にたくさんいらっしゃいました。

それほど、婚活女性における男ウケするプロフィールや写真は大変に重要であると思われてください。

当記事が、これからプロフィールを作成する、もしくはプロフィールを見直されるという方の少しでもお役に立てれば幸いです。

    管理人:美喜のプロフィール

    管理人:美喜のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    副管理人:佳紀のプロフィール

    副管理人:佳紀のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    婚活体験談募集

    婚活体験談募集

    上記イラストをクリックまたはタップで募集ページに!