婚活成功への近道

現役婚活カウンセラーの管理人が成婚までの近道を示し全力で応援する! | 婚活総合支援サイト

アラフォー独身男の婚活は厳しい?その現実と高望み!

アラフォー男性私は、「もう結婚はできないだろうなぁ」と思っていた一人です。

なぜならば今でこそ結婚相談所にて成婚し幸せにはなれましたが、婚活ヘルパー副管理人であるわたくし 佳紀のプロフィールをご覧いただいたら一目瞭然ですが、成婚へたどり着くまでの過程は至難の連続であり、費やした時間とお金は凄まじかったからです。

    • 今回の記事では、当サイトをご覧になられてらっしゃる皆様には私のようになってほしくはなく、そんなアラフォー独身男の私が成婚に至った過程を自身のスペックもすべて曝け出し、「1歳年齢を重ねるだけで命取り!」であるアラフォー婚活の現実を赤裸々に解説いたします。

アラフォー独身男の婚活は厳しいのか?

年齢として、アラフォーという呼称の定義はいくつからいくつまでと定められているわけではありませんが、一般的には37歳から42歳くらいまでではないでしょうか?

いずれにしましても勢いで結婚という時期は遠い過去に過ぎてしまっておりますので、「もう一生独身でよい!」と決められた方は別ですが、そうでない方はあきらめずに焦らず急いで活動された方がよい年齢であることだけは確かです。

年齢的にはハッキリ言いまして、厳しいのは事実です。とはいえ「もう一生独身でよい!」と決断することにもリスクが生じます生涯独身男性の割合や寿命と恐ろしい末路

厳しいのはアラフォーという年齢的な面だけであって、婚活の成果が年齢だけで問われるのであれば誰も活動されないでしょう。現在、日本は晩婚化が進んでおり、アラフォーの方々はたくさん婚活されております。女性もそれは同様であり、アラフォーの方を30代の女性がターゲットにされるのは普通です。

またその年齢の厳しさは、若いアラサーの方々と比較した場合やアラフォーの男性が高望みをして20代の女性をターゲットにされるような場合であり、身の丈に合う女性を求めるのであれば有意義な活動が行えます

あと見た目年齢や他の多くの条件もありますし、婚活している女性が年齢だけで判断するわけでもありません。

アラフォー独身男の婚活の現実とは?

アラフォー独身男の婚活の現実は年齢的なものだけを考えると決してあまいものではないのが現実です。

冒頭にアラフォーの年齢を37歳から42歳と記しましたが、37歳と42歳のたった5歳の違いだけでもまったく違う世界です。42歳の方と比べると37歳の方は圧倒的有利に婚活が行えます。

とはいえ42歳の方は45歳以上の方と比べるとこれまた圧倒的有利なわけです。それほど1つ歳をとる毎に不利になっていくのが、婚活の世界の現実であると思われてください。

アラフォーの婚活を今から始めてみようかと思われている方、おこなってはいるがうまくいかない方、ずるずると長く続けていてもう婚活は疲れたという方、人それぞれでしょう。

ただしアラフォーの皆さんに朗報があります

ラブラブなカップルそれは、そのそれぞれをすべて味わいながら途中で疲れて休みもしましたが、下記のようなスペックの私でも結婚が出来て幸せになれたという現実です。

私は、もうありとあらゆるサービスに挑戦し、婚活については全サービスの内容の本が書けるくらい色々と活動してきました。

当時彼女にフラれて落ち込み、それをいつまでも(2年くらい)引きずっているうちに、遺伝からくる頭髪も薄くなってきたときにはいよいよ終わったと思っていましたが、それをきっかけに婚活にかけました。

管理人プロフィールにも記しておりますが、私の婚活の現実を再度ここにも記します。

遺伝の頭髪が薄くなってきた事に焦りを感じ2年後の34歳で婚活をスタートさせる

過去に参加した婚活サービス

  • 合コン:数えたことが無いので不明
  • お見合いパーティー:記憶では20回以上
  • 婚活パーティー(結婚相談所主催)10回程度
  • 街コン3回
  • 婚活ツアー1回
  • 婚活サイト2社
  • 結婚相談所3社
  • お見合い回数30人程度
  • お見合いの中で二度目のデートに至った人数:8人くらい
  • お付き合いまで進展した方の人数:4人(現在の嫁含む)
  • 3社目の結婚相談所のお見合いにて42歳で成婚
  • 3社目の結婚相談所では半年でゴールイン(当時42歳)
  • TOTAL婚活年数:8年(休会やインターバルを入れると実質4年くらい?)

私のスペック

  • 成婚した際の職業及び年収:中小企業サラリーマン、460万円
  • 容姿:頭髪の薄い分、並み以下
  • 身長:168cm
  • 体重:65kg
  • 続柄:長男
  • 趣味:野球観戦、映画、音楽鑑賞

成婚後に婚活のコンシェルジュに誘われ婚活アドバイザーを3年弱務めるも、父親の体調不良により、即家業を継ぐためにコンシェルジュをやめる事になり、現在実家で蒟蒻(コンニャク)製造業を営む。

なんせ長年の婚活の為、うろ覚えの点もありますが、婚活にいったいいくら遣ったのか?怖くて計算できません。とくにTOTAL婚活年数8年というのを見られて、「えっ?そんなにかかるの?」と驚かれた方が多いのではないでしょうか?

安心されてください。8年の間は、女性経験に乏しかった私は、婚活の知識もなにもなく手当たり次第数を打てば当たると高望みや勘違いの繰り返しでうまくいかず疲れてしまい、休んでいる期間も多いです。

ただしこれだけ多くのサービスを体験するとおバカな私でも婚活のイロハを学習し、3社目の結婚相談所が大変私に向いており、そこに入会して半年で理想の方と成婚に至りました。

アラフォーの男が婚活するうえで最適な場所とは!?

3社目の結婚相談所にて半年で成婚できた私は、7年半ものあいだ使った時間とお金に対し、いったいなんだったんだろうか?とは思いはしましたが、けっきょく学習の時間であったのだろうと今ではよい方向に解釈しております。

皆様には私のようにはならず現実を直視し、知識を得てスムーズにアラフォー婚活で成功できるよう、当サイトが学習面で少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

経験から言いまして、アラフォーという年齢を考え婚活するとなると結婚相談所しか選択肢はないと思って間違いありません。もちろんわたしが成婚できた結婚相談所が誰にでも適しているかはわかりません。時間に余裕があるかないか、資金的に余裕があるかないか、合う合わないは皆さんそれぞれだと思われますので、あえてサービス名は伏せますが、下のランキング内の1つです。

実際に婚活ヘルパー管理人及び私とスタッフによる実際の体験と取材をとおし、安心で効率的な結婚相談所だけを厳選し、その明確な根拠と評価の基準の詳細を明記したページを自信をもって作成しておりますので、以下を参考にされてみてください。

◆ 結婚相談所の比較ランキング体験版【各項目別】

アラフォー独身男の婚活の高望み

私もそうでしたが、婚活のサービスにお金を払うという時点で、高望みはスタートします。これはお金を払うという時点で普段よりも対価を得ようと自然に湧き出る感情ですので仕方ありません。

高望みの代表格と言えば、求める相手の年齢を20代にされたり、顔やスタイル重視になるのは自然なことでしょう。ただしアラフォー男をターゲットに考える女性は、年齢的に見ると以下のとうりです。
男性が女性に望む年齢とのギャップグラフ
※未婚者アンケート 対象:男性2155名 (平均29.2才) 女性1461名 (平均26.5才)
出典元:エキサイト婚活

高望みはほどほどにし、焦らず急がねばならない!それがアラフォー男の宿命である

37歳・38歳の方で34歳~、39歳になると37歳~、41歳となると30代がいなくなるという現実。ただしあくまでもアンケートの平均データでありますので、絶望感を持つ必要はありません。

当サイトでは「過去に戻れないあなたの人生で一番若いのは今!」という言葉を何度か使いますが、それには理由があります。

1歳年齢を重ねるだけで婚活においては命取り!になるからです。

30代後半男性の場合

あなたの年齢以外の条件(とくに職業や年収)にもよりますが、20代とはいかなくとも30代前半の女性を求める場合、高望みであるとは言えません。

しかし今や婚活サービスのほとんどがデータシステムを利用します。つまり30代後半男性は、30代前半の女性の求める年齢条件の検索にあなたがひっかかるかどうかの瀬戸際であるということです。

たとえば32歳の女性が「5つ年上くらいまでかな?」と考えると、37歳の方は検索でヒットしますが、38歳の方はプロフィールさえ見てもらえません。この「5つ年上くらいまでかな?」という考えの女性は多いです。「30代であればよいかな?」という方は39歳の方も対象となりますが、40歳以降は検索漏れとなるわけです。

ようするに、1歳年齢を重ねるだけでお相手からの年齢の条件検索から漏れることになりかねないということです。

とくに39歳と40歳ではこの1歳だけで女性から求められる年齢条件には大きな差が生じてしまいます。私はこの時期も婚活中でしたので、その現実をあからさまに体験しました。また婚活サービスを利用すれば、すぐに結婚できるわけでもありません。

何人もの方とお会いし、ピンときた方もあなたを許容し、何度かお会いしてお付き合いに発展していざ結婚とスムーズにいくケースを想定したとしてもある程度の時間を要します。ですのでとくに30代後半男性は、焦りはせずとも急がねば後悔することになりかねません。

30代後半バツイチ男性の場合

はっきり言いましてバツイチなど現代社会においては不利であると考えなくてもよいと思います。プロフィールを見てもバツイチを拒否するような方は少なかったと思います。

私は初婚でしたが、逆にこの年齢で初婚というのを気持ち悪がられているのでは?という発想さえ浮かんだものです。

無責任な発言かもしれませんが、ある意味男に箔がついていてよいくらいに思ってもよいのではないでしょうか。

30代後半バツイチ子持ち男性の場合

ご自身が思ってらっしゃるとうり、お子様がいらっしゃるという事実は、婚活において実際に不利ではあると思います。しかし同じような境遇は、女性のほうが多いのが事実です。

しかもそういった女性の数は現在(正確に言えば私が活動していた時)非常に多数いらっしゃいます。お子様の年齢にもよるかもしれませんが、活動していた私の嫁の意見としましては「たしかに子持ちの方は避けたい気持ちがあった」。

ただし同じような境遇の女性とのマッチングの可能性は高いのが実情であり、更に年齢的に子供をあきらめている女性はお子様の年齢によっては需要がある可能性は大いにあります。事情が事情だけに、バツイチ者同士の企画のパーティーやアドバイザーさんが専属で付いてくれる結婚相談所とかなどと活動内容を限定されてください。

40代前半男性の場合

あなたの年齢以外の条件(とくに職業や年収)にもよりますが、30代前半の女性をとはいかなくとも30代半ばの女性を求める場合、高望みであるとは言えません。

とはいえ上記の30代後半男性の場合の内容をご覧いただければおわかりでしょうが、これまた女性の意見の多い「5つ年上くらいまでかな?」を考えると、ご自身が年齢を重ねる毎に、30代半ばから30代後半へシフトしていきます。

このあたりの年齢になられると、子供を望むか?ということも同時に考慮せねばなりませんよね?昨今では、医療技術も進み高齢出産も可能でありますが、不安視されるのであれば38歳くらいがラインではないでしょうか?

これまた、どの年代にも言えることですが、焦りはせずとも急がねば後悔することになりかねません。40代前半バツイチ男性の方や、40代前半バツイチ子持ち男性の方は、上記の30代後半バツイチ男性の場合と30代後半バツイチ子持ち男性の場合の内容と、まったく同様であると思います。

まとめ

如何でしたでしょうか?

  • 年齢の部分だけであると不利なのは事実
  • 私のような低スペックのアラフォー男でも素敵な方と結婚できた
  • アラフォー男が婚活をする場所は結婚相談所だけに絞るのが賢明
  • 「5つ年上くらいまでかな?」が女性の基本
  • 1歳年齢を重ねるだけで婚活においては命取りである

最後に・・・

当記事で「焦りはせずとも急がねば後悔することになりかねません」と記しました。

急いで何をすれば?

まず当記事に記しましたとうり、アラフォー独身男には時間の余裕はありません。

アラフォーの婚活においては、お見合いパーティー(結婚相談所などが主催するパーティーは除く)や婚活サイトなどはスルーして、結婚相談所などで真剣に活動されると30代後半であれば半年~1年程度で成就出来ると思われます。

私の婚活の経緯に記しましたとうり、私は手探りでたくさんの寄り道(色々なサービスを試す)や休憩(疲れて)ばかりして遠回りをしてしまいました。長く婚活を経験してきた今現在の知識があれば、時間はかからないと思います。

今後も、皆様がスムーズに成婚できる為に、自身の体験から役立つ情報を記していきたいと思います。副管理人:佳紀

結婚相談所の比較ランキング体験版【各項目別】

特集記事一覧

    管理人:美喜のプロフィール

    管理人:美喜のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    副管理人:佳紀のプロフィール

    副管理人:佳紀のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    婚活体験談募集

    婚活体験談募集

    上記イラストをクリックまたはタップで募集ページに!