婚活成功への近道

現役婚活カウンセラーの管理人が成婚までの近道を示し全力で応援する! | 婚活総合支援サイト

街コンへ女一人参加してみた感想

さくら見の街コン風景埼玉在住の30歳のOLです。

25歳を過ぎた頃に、色気のない私に両親が婚活を勧めてきた時期がありましたが、私自身は本気で婚活をする気はありませんでした。
何にも考えていない25歳当時なぜかと言いますと、当時の私の友人周りにはまだ結婚ラッシュなるものがなく、気持ち的に焦りを感じることがまったくなかったからです。

しかし当時彼氏がいなかった私は多少不安で、婚活のことにかんしては頭の片隅には常にありましたので、友人に誘われ気楽にいろいろと参加した時期もありました。

もちろん、回転ずし形式のお見合いパーティー婚活は何度か参加したことがあり、面白味がないと思って以来この歳まで何の活動もおこなってきませんでした。

スポンサーリンク





そして気が付けば30歳!
焦ってきた30歳女
焦りも感じはじめ、ふと暇な時にスマホをいじっていて出た広告を見て、街コンは意外におもしろいかも?と思い、これは珍しく自分から興味を持って気になってしまい参加決意

街コンへ一人参加してみました

最初は一人で行く勇気がなかったので、友人に付き合ってもらうつもりでしたが、実は周りの仲のよい友人は皆彼氏持ち。

彼氏がいても参加は付き合ってくれると予想していたのですが、予定の日は都合つかず結局ひとりで行くはめに。

街コンの参加者の多くは一人参加

安堵の表情の女ひとりで参加することへの恥じらいと不安で、参加するまではかなり憂鬱にはなっていましたが、いざ参加してみると想像以上に男女ともにひとり参加は多く、不安も一気に吹き飛びました。

初の街コン体験の感想

私が参加した街コンはお花見形式のものでした。桜を見ながら食事をいただき、その後は川沿いを気になる人と散歩するというものです。

このような形式の街コンのよかった点と悪かった点をあげてみます。

スポンサーリンク




良かった点

●もちろん桜がきれいであったことと、女性は参加費が安いので得した気分になれたことと、チャンスがありそうと感じれた点。

●気になるかたとお散歩をする際は、ホールでおこなわれる婚活パーティーと違い野外(しかも花見)でしたので、景色とともに会話が自然とはずむ点。

悪かった点

男女比率と、今回は自分に次につながる出会いが見つけられなかった点(これがないと意味ないじゃん!)です。

街コンの雰囲気

街コンはどちらかというと婚活よりも恋活に近い気がしました。私にとってはそのカジュアルさがよいと思えましたが、婚活を本気で考えてらっしゃるかたには「なにか違う」と思われるかもしれません。

いかにも「ナンパしにきただけ!」という感じのチャラそうな男性もいましたので、彼女がいるのにただのお遊び感覚で参加されるかたもいるのではないでしょうか?

とはいえ周りを見て思ったことは、お見合いパーティーなどのように司会者による忙しい進行にしたがうわけでもないので、お目当ての男性にたいして自らアクションを起こす女性が多い

よさそうな男性は取り合いつまり良さそうなイメージの男性の近くは、満員電車のごとく争奪戦でしたし、男性よりも女性の方が多かったため見た目のよい男性が本当に取り合いでした。

最近は、お見合いパーティーなどに参加したがる男性が減りつつあるようで、たまに男女の人数の比率が1:3などと極端なこともあるようです。

今回私が参加した街コンは男性が3~4割、女性が6~7割と言った感じでした。これでも随分男性に女性が群がっている感じがしました。

街コンのメリットとデメリット

街コンにもメリットとデメリットがありますね。

街コンのメリット

街コンのメリットは以下の2点であると思いました。

  • 気軽に参加できる
  • 近距離のかたと出会える

街コンならば参加者はみんな市内など近距離のかたであったりしますし、つまりはよい相手を見付けて結婚できた場合、遠くへ引っ越しをするという負担が軽くなるんですよね。

とくに女性は結婚すると遠くに引っ越さなければならない、それにしたがって仕事を辞めなければならない、実家から離れなければならないということがありえます。

しかしもし結婚相手を市内から見つけることができれば、そのような負担がなくなるので気楽でしょう。引っ越すにしても市内ですから大したことではありませんし、仕事も辞めなくて済みます

ただし同市内であると、相手側の両親と同居という覚悟が必要になることを考えると絶対に長男は勘弁って感じですかね?

彼氏もできていないうちからこんなこと言ってるから私は独り身なんでしょうが(汗)。

街コンのデメリット

街コンのデメリットは以下の2点であると思いました。

  • グループ参加のかたは何をしに?
  • 知り合いに会うと気まずい

まず友人グループで参加をし、常にそのグループ同士で輪になって話をしている方々。

また同市内だけに同級生や知り合いに会ってしまう可能性があり、参加者の中には同級生らしき人に再会した人たちもいたようで、それが更にお互いグループ参加でありプチ同窓会のようになっていました。

そうなってしまうと周りのひとはその中に入れないし、また再会した当人たちの中にも「今は同窓会ではなく婚活では?」と思っている人もいると思います。実際にその輪の中にいる男性の方に興味を持っていた私は相当イラつきました

もうひとつの欠点としては、知り合いがいた場合の対処ですね。私は来る前にはひとり参加で恥ずかしさもありましたので、同級生らしき人がいなくてよかったです。

ひとり参加の場合、仲のよかった知り合いと偶然出くわすのはよいかもしれませんが、同級生でもとくに仲がよかったわけではないようなかたとか、ちょっとした顔見知りのかたと遭遇すると気まずいかなと感じました。

しかし街コンというのは前述の通り、同じ市内に住む者が集った婚活パーティーですので、同じ市内の人と結婚したいという人にとっては非常に有難い場所であると思います。

また今回は、自分に次につながる出会いが見つけられなかったのが残念ではありましたが、なんだかチャンスの確率は高いイメージの感触がつかめた気がします。

今度また参加してみようと思っているところです。街コンもスマホで探すと色々なものが出てきました。

ちなみに私の参加した街コンは、あのミクシィのグループが運営しているから安心そうだったので選んだ「ecle(えくる)」というものです。

えくる

まとめ

街コンは想像していたよりも楽しいイベントでした。

ただし男女比率の差異が大きいと、少ない側の異性の取り合いで大変です。

街コンのよさは近距離のかたと出会えるというポイントが高いと思います。

ですが手軽さからなのか、婚活というよりは恋活のイメージでも大丈夫なかたには参加をオススメしますが、本気で婚活を考えてらっしゃる効率重視の方にはオススメできません。

評判のよい婚活パーティーを厳選した比較ランキング!

特集記事一覧

    管理人:美喜のプロフィール

    管理人:美喜のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    副管理人:佳紀のプロフィール

    副管理人:佳紀のプロフィール

    上記イラストをクリックまたはタップでプロフィール画面に!

    婚活体験談募集

    婚活体験談募集

    上記イラストをクリックまたはタップで募集ページに!